スペイングルメ・食文化

おいしさに注目!スペインワイン入門

スペインは世界第3番目のワイン生産国です。ブドウの栽培面積とワインの輸出量にいたっては、世界第1位を誇ります。

良質の個性が揃い、しかもコストパフォーマンスが高いのが魅力。ではどんなワインが人気なのか、代表的な特徴をご紹介しましょう。

好みのワインのタイプは?

ディエゴさんとエミさんが、レストランでドリンクメニューを選んでいます。

Diego:¿Qué vas a beber?

飲み物は何にする?

Emi:Creo que voy a beber vino.

ワインにしようかな。

Diego:¿Quieres blanco o tinto?

白と赤、どっちにする?

Emi:Primero voy a tomar vino blanco. ¿Me recomiendas alguno?

まずは白ワインにするわ。何かおすすめはある?  

Diego:¿Prefieres uno seco o uno dulce?

辛口と甘口ではどっちが好みなの?

Emi:Pues, no sé. La verdad es que entiendo poco de vino. Elige tú por mí.

ん〜、わからない。実はあまりワインに詳しくなくて。何か私のために選んでくれるかな。

Diego:Entonces te recomiendo un Verdejo, de Rueda.

だったら、ルエダ産のベルデホがいいと思うよ。

No es demasiado dulce, es equilibrado y agradable. Yo voy a tomar un vino tinto de Rioja.

甘すぎず、バランスが良くて、飲みやすいから。僕は、リオハ産の赤ワインにするよ。

Emi:¡Ah! Rioja sí me suena. Es el nombre de una región productora famosa, ¿verdad?

あぁ、リオハなら聞いたことがある。有名なワインの産地なんでしょ?

Diego:Sí, de los vinos tintos españoles, el de Rioja es uno de los más populares.

そう、スペインの赤ワインと言ったらリオハが人気だね。

Y la variedad más conocida es el Tempranillo.

品種でいうとテンプラニーリョが一番知られているんだ。

Cuando sabes un poco de las diferentes regiones productoras y las variedades de uva, es más facil elegir el vino.

産地やブドウ品種の違いを知っておくと、ワインが選びやすくなるよ。

会話のポイント

  • blanco o tinto = 白か赤

白ワインは「vino blanco」、赤ワインは「vino tinto」。また、ロゼワインは「vino rosado」と言います。

  • ¿Me recomiendas alguno?  = 何かおすすめはありますか? 

この「alguno」はワインを指しています。「ワイン=vino」は男性名詞なので、語尾が -o。女性名詞のものに対しておすすめを聞く時には「¿Me recomiendas alguna?」と最後が -aになります。

  • la verdad es que= 実は〜

「本当のところ…」という細かなニュアンスを伝えることができます。

  • es equilibrado y agradable = バランスがよく飲みやすい

equilibrado」は「調整された、バランスがとれた」という意味。

agradable」は「心地よい、楽しい」などの意味を持ちますが、ここでは、ワインの酸味や渋味のバランスが良くて飲みやすいということを表現しています。

  • me suena = 聞いたことがある

suena の不定詞は「sonar=音がする」。直訳すると「私に音がする」ですが「知っている、聞いたことがある」という意味で使います。

  • región productora = 生産地

ワインに限らず、チーズやオリーブオイルなどの生産地も「región productora」と言います。

  • variedad de uva= ブドウの品種

スペインでは140種以上の品種からワインが作られていると言われていますが、その中でも最も代表的なのがテンプラニーリョです。

ステップアップ

関連単語

  • bodega = ワイナリー
  • copa de vino = グラスワイン
  • botella de vino = ボトルワイン
  • maduración = 熟成
  • aroma = 香り
  • acidez = 酸味
  • barrica = 樽

便利な表現

¿Me enseña la carta de vinos, por favor? = ワインリストを見せてください。

¿De qué región es este vino?  = このワインの産地はどこですか?

¿Con qué variedad de uva se elabora?  = ブドウの品種は何ですか?

知っておきたいスペインワインの主なブドウ品種 

赤ワイン

  • Tempranillo(テンプラニーリョ)

スペイン全土で栽培されている赤ワイン用のブドウ品種。繊細で華やかな香りを持ち、イベリコ豚の生ハムと相性抜群です。

  • Garnacha(ガルナッチャ)

世界中で最も多く栽培されている品種ですが、原産地はスペイン北部のアラゴン州です。酸味や渋味が少なく、フルーティーで飲みやすいのが特徴。

  • Cariñena(カリニェナ)

酸味と渋味が強く、力強さがある品種。肉や魚料理、また煮込み料理ともよく合います。

白ワイン

  • Albariño(アルバリーニョ)

ほどよい酸味で、熟したアロマを感じられます。後味がすっきりしたバランスのいいワインに仕上がり、どんな料理とも相性がいい品種です。

  • Verdejo(ベルデホ)

アルバリーニョと並んで、スペインの白ワインを代表する最高品種。フレッシュで爽やかな香りが特徴で、シーフードや野菜のタパスなどのさっぱりとしたおいしさを引き立てます。

良質なスペインワインが作られている主な生産地

  • Rioja(リオハ)

「スペインの赤」といえば、リオハが代表的。品種や栽培に関わる厳しい条件を規定した「特選原産地呼称」(D.O.C)の認証を得ている地です。

スペインで D.O.C に認定されているのは、リオハとプリオラートのみ。最高品質と格付けられるワインを生む、世界屈指の生産地です。

  • Priorato(プリオラート)

スペイン北東部のカタルーニャ地方にあるプリオラートは、 リオハと並んで「特選原産地呼称」(D.O.C)に認定されています。赤ワインが有名で、生産されている主な品種はガルナッチャとカリニェナ。

  • Ribera del Duero(リベラ・デル・デュエロ)

カスティーリャ・イ・レオン州に位置するリベラ・デル・デュエロは、標高約800mの高地にあるワイン生産地です。

寒暖差の激しい気候や、ドゥエロ川沿いの土壌により、深い味わいのブドウが育ちます。「原産地呼称」(D.O)に指定されていて、世界が認める優良ワインが多数作られています。

  • La mancha(ラ・マンチャ)

スペイン内陸部にある、世界最大のワイン生産地。芳醇な香りを持つブドウが大量に収穫されるため、クオリティの高いものでも比較的お手頃に売られています。

「原産地呼称」(D.O)に指定されていて、主に白ワインが有名。

まとめ

知らないと損!と言えるほど、リーズナブルでおいしいワインが豊富にあるスペイン。主な品種と産地を覚えて、ワイン選びの参考にしてみてください。

生ハムや魚介のタパス、パエリアといったスペイン料理と一緒に味わえば、極上の幸せを感じられますよ。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP