現地生活・注意点

スペインで働く:ワーキングホリデー・ビザの活用

2017年7月から日本とスペインのワーキングホリデー制度が開始し、30歳まで最長1年間スペインに滞在できるようになりました。

スペインでの生活を体験しながら、スペイン語を上達させるチャンスです。今回は、ワーホリについて簡単にご紹介します。

スペインで何をするの?

スペインに住みだしたばかりのエミさんが、語学学校の先生と話をしています。

Daniela:¿Desde cuándo vives en España?

あなたはいつからスペインに住んでいるの?

Emi:Acabo de llegar hace una semana.

1週間前に来たばかりです。

Daniela:¿Sí? ¿Qué haces en España?

そう。スペインで何をしているの?

Emi:Ahora estoy buscando trabajo. Es que he venido con un visado Working Holiday.

今は仕事を探しています。ワーキングホリデーで来たので。

Daniela:¿Es un visado de trabajo?

それは就労ビザのことなの?

Emi:Es un visado especial que te permite vivir y trabajar en España durante un año.

1年間スペインで暮らして働くことが許される特別なビザなんです。

Es más fácil de conseguir que un visado de trabajo normal. 

普通の就労ビザよりもっと簡単に取得できるんですよ。

Daniela:Suena bien. ¿Y en qué te gustaría trabajar?

それは良さそうね。それで、どんな仕事がしたいの?

Emi:En Japón era diseñadora gráfica. En España también me gustaría trabajar como diseñadora.

日本ではグラフィックデザイナーだったんです。スペインでもデザインの仕事をしてみたいと思っています。

Daniela:Si estás buscando trabajo, además de venir a clase de español, tienes que estudiar y hablar mucho.

仕事を探しているのなら、授業以外でもたくさん話してスペイン語を勉強しないと! 

Emi:Sí, voy a esforzarme todo lo que pueda.

はい、できるだけ努力します。

Daniela:Voy a mandarte muchos deberes.

あなたのために、たっぷり宿題をだしてあげるわ!

Emi:¡¿Muchos?! Ah, bueno, vale… Gracias.

たくさん!? あ、はい…ありがとうございます。

会話のポイント

  • ¿Desde cuándo …? = いつから〜?

「いつからスペイン語を勉強しているのですか?」「いつからスペインで暮らしているのですか?」という質問は、よく聞かれます。

答える時には「Desde hace + 時を表す単語」の形で文を作ることができます。

  • tienes que 〜 = 〜をしなければならない

tener que + 不定詞」で必要性や義務を示しますが、「〜したほうがいいよ」というアドバイスや提案の意味でも使います。

  • acabo de 〜 = 〜したばかり

「ちょうど〜したところ」と伝えたい時には、「acabar de + 不定詞」で表現します。

  • con un visado Working Holiday = ワーキングホリデー・ビザで

ビザにはその他「visado de estudiante(学生ビザ)」「visado de trabajo(就労ビザ)」「visado de trabajo por cuenta propia(起業家ビザ)」などがあります。

ワーキングホリデー・ビザは中でも取得しやすく、就労時間に制限がなく、条件が良いのが特徴です。

  • me gustaría + 不定詞 = 〜したい

gustaría」は、gustar の過去未来形。「できることなら〜したい」という願望を表しています。

  • todo lo que pueda = できるだけ

「自分ができる分だけ〜する」という意。まだ確定していない未来のことなので動詞は接続法になります。

ステップアップ

関連単語

  • curriculum vitae = 履歴書
  • embajada española = スペイン大使館
  • trabajo por horas = アルバイト
  • empresa = 会社
  • entrevista de trabajo = 面接
  • NIE (número de identificación de extranjero) = 外国人登録番号
  • padrón municipal = 住民票
  • compartir piso = ルームシェア

ワーキングホリデー・ビザ取得の主な条件

・日本国籍を所有し、日本に在住していること

・申請時の年齢が18歳以上30歳以下であること

・被扶養者を同伴しないこと

・スペイン滞在最初の3か月のための最低資金1,597.53ユーロ(月532.51ユーロ)を所持すること

・健康であると医療診断書で確認されていること

・滞在終了時にスペインを出国すること

※詳しくは駐日スペイン大使館ホームページにて確認してください。

http://www.exteriores.gob.es/Embajadas/TOKIO/ja/Embajada/ServiciosConsulares/Paginas/

スペイン入国後に必要な主なこと

  • Empadronamiento:住民登録

入国したらまず、住まいの近くの役所で住民登録をする必要があります。地域によってはオンラインでも申請ができます。

  • Buscar piso:部屋探し

語学学校の紹介や、賃貸物件情報サイトで部屋を探しましょう。何人かで一緒に暮らすルームシェア(compartir piso)なら費用が比較的安く、スペイン語の上達にも繋がります。

*部屋を探せるサイト:idealist(https://www.idealista.com

  • Ir a la escuela de idiomas:語学学校へ通う

仕事をしたいと思っているのなら、少なくともB2レベルには達しているようにしたいものです。

  • Reunir información:情報収集

日本人向けの仕事がそれほど多くはないスペイン。職探しには、やはり現地で情報を集めることが一番です。大学や語学学校に相談してみるのもいいでしょう。

まとめ

1年間の滞在とはいえ、実際はアッという間に時間が過ぎてしまうものです。

スペイン各地を旅したり、美食を味わったり、趣味を広げたり、出会いを楽しみながらいろいろ挑戦してみましょう。

事前の準備や情報収集をして、充実した1年を過ごしてください!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP