スペイン情報

スペイン国旗の由来

赤と黄色で構成されているスペインの国旗。2色のカラーにはスペインの歴史に関係した意味が秘められています。そして紋章にはあるメッセージが書かれているのですが、ご存知でしょうか。

スペイン語会話と共に、国旗の由来を探ってみましょう。

スペイン国旗の由来

会話

Daniela:¿Sabes lo que expresa la bandera española?

スペイン国旗が何を表しているのか知っていますか?

Emi:El rojo y el amarillo son colores alegres. ¿Tiene algo que ver con el sol?

赤と黄の明るい色だから・・・、ひょっとして太陽ですか?

Daniela:No. Dicen que el amarillo simboliza el oro y las riquezas, y el rojo la sangre.

いいえ。黄色は金や豊かさの象徴で、赤は血を表していると言われているんですよ。

Emi:¿La sangre? Da un poco de miedo, ¿no?

血ですか!? なんだかちょっと怖いですね。

Daniela: Durante los siglos XVI (dieciséis) y XVII (diecisiete) España tenía muchos territorios en diferentes partes del mundo.

スペインは16世紀から17世紀にかけて世界中に広大な領土を持っていました。

Esa época se conoce como “el Siglo de Oro” y fue un periodo muy importante.

その時代は黄金世紀と呼ばれていて、スペインは最も栄えていたのです。

Para crear el imperio español, se derramó mucha sangre. Así es como la bandera de España expresa su origen.

そんな大帝国が築かれるまでには、戦いのため多くの血が流されてきました。旗は、こうした背景を表しています。

Emi:¡Qué interesante! Así que la bandera refleja su historia.

興味深いですね。旗が歴史を示しているなんて。

ここに注目!

旗のことを「bandera」、スペイン国旗は「bandera española」または「bandera de España」と言い表します。

siglos XVI」は16世紀という意味。ローマ数字はX=10、V=5、I=1で表記され、「XVI」は足して16になります。

ちなみに、左から大きい順に数が並んでいればその数を足し、左の数が右の数より小さい場合は減算します。つまり「VI」は5+1で6、「IV」は、5-1で4となります。

スペイン国旗の意味

「血と金の旗」と呼ばれているスペイン国旗。黄色はスペインが治めていた国土と豊かさを表していると言われています。

「太陽の沈まぬ国」を築き上げたスペインの象徴なんですね。そして赤色によって、国のために戦って血を流してきた国民を称えています。

国旗には紋章も描かれているのですが、それは、かつてスペインに存在した5つの王国の紋章を合わせたもの。その横に中南米の領土を表す「ヘラクレスの柱」があり、帯がかかっています。帯の上にはこんな文字が…。

PLVS VLTRA 

もっと彼方へ

コロンブスが新大陸を発見する前までは「Non Plus Ultra」(ここが世界の果て)という言葉が書かれていたそうです。

まとめ

いかがでしたか?由来を探ると、誇り高いスペインのポリシーも見えてきますね。

スペイン国旗はこれまで何度もデザインが変わっていて、栄枯盛衰の歴史を物語っています。ぜひ一度スペイン国旗をじっくり見てみてください。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP