スペイン語講座

生活の中のスペイン語「行く」編

「買い物に行く」「飲みに行く」「出て行く」。「行く」は、日常会話で頻繁に使われる非常に大切な単語です。ここであらためて、おさらいしてみましょう。

例えば「voy」と「me voy」を、あなたは正しく使い分けていますか?

どこに行ったの?

会話

Martín:¿Qué hiciste ayer por la noche?

昨日の夜は何をしていたの?

Emi:Salí con María.

マリアと出かけていわ。

Martín:¿A dónde fuisteis?

どこに行ったの?

Emi:Fuimos a la calle Huertas a tomar una copa.

ウエルタ通りに飲みに行ってたのよ。

María se va a trabajar a Japón, así que le recomendé algunos sitios a los que ir.

マリアが仕事で日本へ行くっていうから、おすすめの場所を教えてあげていて。

Martín:¿Cuándo se va?

いつ行くの?

Emi:El mes que viene.

来月。

Martín:Cuando vuelva, tenemos que quedar las tres.

彼女が日本から戻ってきたら、3人で会おうよ。

Emi:Vale. ¡Ah,! Son las dos. Yo me voy ya, que tengo que ir al banco antes de las dos y media.

OK! あっ、もう2時だ。2時半までに銀行に行かないと。そろそろ行くね。

Martín:Bueno. ¡Hasta luego!

ああ、じゃあまた!

ここに注目!

salir は「出て行く、出かける」という意味ですが、「飲みに行く」「友達に会いに行く」などの表現でも使います。

se va」「me voy」は、再帰動詞「irse」が人称変化したもの。再帰動詞というのはちょっとやっかいですよね。

では「ir」と「irse」は何が違うのか、確認しておきましょう。

「行く」を表すスペイン語表現:「ir」と「irse」の違いは? 

ir

どこか特定の目的地へ向かう時、または何かの目的がある時に「ir」 を使って表現します。

Voy a barcelona.

バルセロナへ行く

Voy a comprar.

買い物へ行く

irse

irse」は、「その場所から離れる」という意味を含みます。特定の目的地がなくても表現できるのが、「ir」とは異なる点です。

例えば、誰かの家にいて「そろそろ自分は行くよ(帰るよ)」と相手に伝える時には「Me voy」と言います。

問題

さて、ここで問題です!

【仕事に行く場合】

家族に「仕事へ行ってくるよ」と声をかける時には「ir」「irse」どちらを使えば良いでしょうか?

この場合は、「Me voy al trabajo.」

家から出てその場から離れるので、家に残る家族に対しては「irse」で表現します。

【洗面所にいく場合】

では、誰かと一緒にいる時、「ちょっと洗面所(トイレ)に行ってきます」と伝えるための動詞は「ir」か「irse」のどっち?

この場合は、「Voy al servicio.」

その場から離れはしますが、またすぐに戻ってきますよね。この時は立ち去るわけではないので「irse」ではなく「ir」になります。

まとめ

いかがでしたか?シーンによって「行く」という表現にも違いがあることがわかりましたか?頻繁に使う動詞だけに、しっかり覚えたいですね。

使いこなせるようになればネイティブに一歩ずつ近づいていけますよ。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP