コミュニケーション

縮小辞での名前の呼び方

¡Hola todos! 親しみをこめて誰か を愛称で呼ぶとき、スペイン語にはいろいろなバリエーションがあります。

今日はその中の一つ、「縮小辞を使った呼び方」を見ていきたいと思います。

縮小辞での呼び方

(Taro se ha encontrado con Juan ;太郎はフアンに会いました。

Taro : ¡Hola Juan! ¿Qué tal?

やあフアン。元気?

Juan: ¡Hola Tarito! Bien. ¿Tú?

やあ太郎くん!とても元気だよ。太郎は?

Taro : Bien también. ¡Pero qué calor hace!

僕も元気だよ。でもとても暑いね。

Juan : ¿Verdad? Hace un calor insoportable.

だよね。我慢できない暑さだよ。

縮小辞とは

スペイン語にある「diminutivo(縮小辞)」。みなさんはご存知ですか?

縮小辞とは、名詞や形容詞・副詞の語尾を変化させて、「小ささ」や「可愛さ」を表現する接辞のことです。

例えば、“Tengo un perro(わたしは犬を飼っています)” を縮小辞を使って表現すると、 “Tengo un perrito(わたしは子犬を飼っています)” という意味になります。

縮小辞の活用

基本的には語尾に ”-ito/a” をつけてつくられます。

単語の最後の文字が母音のときは、母音が消されて ”-ito/a” がつけられます。男性形・女性形の区別もあります。

ここで、いくつか例を見てみましょう。

pequeño → pequeñito

ahora   →  ahorita

casa   →  casita

縮小辞として “-cito/a “が使われる場合もあります。

最後が ”n” や ”r” で終わる単語には、 “-cito/a” がつけられることが多いです。例えば、 ”flor” は ”florecita” になります。

また、スペイン南部アンダルシア地方では、 ”-illo/a” という縮小辞が使われます。例えば、 ”poco” は ”poquillo” と言われたりします。

縮小辞の作り方は、国や地方によっても異なっていて、明確なルールで決められているのではありません。

慣用的に使われているものなので、たくさん聞いて耳になじませましょう。

愛称にも使用

より親しみをこめて誰かを呼ぶときに、名前に縮小辞をつけて呼ぶことがあります。

日本人の筆者も、現地のスペイン人に、名前に縮小辞をつけて呼ばれることがあります。

最初にとりあげた会話でも、 ”Taro” が ”Tarito” と呼ばれていたのにお気づきでしょうか。ここで、いくつか例を見てみましょう。

Pepe    → Pepito

Juan   → Juanito

Ana    → Anita

また、家族のことを呼ぶとき、例えば「お母さん」はスペイン語で ”Mamá”、「お父さん」は ”Papá” ですが、これも縮小辞化をしてそれぞれ ”Mamita” 、“Papita”と呼ぶことができます。

おわりに

いかがでしたか?「親しさ」や「可愛さ」を表す縮小辞。ネイティブのように、縮小辞で誰かのことを呼んでみてください!

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP