学習方法・ポイント

スペイン語でのメールの書き方

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは、【メール】です。

パソコンや携帯電話で手早く送るメールがよく使われるこの頃、今回はスペイン語でのメールの書き方を勉強していきましょう!

メールやメッセージでよく使われる表現にも注目したいと思います。

スペイン語でのメール

(Taro ha recibido un correo electrónico;太郎は、メールをもらいました。

Hola Taro,

太郎へ

¿Qué tal todo? Espero que bien.

最近どう?元気だといいな。

Este domingo Cristina y yo vamos a ir al cine. ¿Te apetece venir con nosotros?

今週の日曜日、クリスティーナと映画を見に行くんだけど、よかったら一緒に来ない?

Un abrazo,

愛をこめて

Juan

フアン

メールの書き方

メールの書き方は、以前にご紹介した手紙の書き方とあまり変わりません。

【メールの書きはじめ】

最初に、相手の名前の前に「敬具 ~様」や「~へ」のニュアンスになる単語をつけます。

Estimado/a” はかしこまった場合で、親しみをこめる場合は ”Querido/a” 、さらにくだけた場合は ”Hola” が使われます。

その後、日本語と同様に「元気?」と続けていきましょう。

【文末には】

文末には、自分の名前のあとに、フォーマルな場合は ”Atentamente” 、よりインフォーマルな場合は親しみをこめた ”besos(キス)” や ”Un abrazo (ハグ)” といった表現が使われます。

メールを書くときは、パソコンにスペイン語キーボードをセッティングして、アクセントに気をつけながら入力していきましょう。

よく使われることば

日本語でも、たとえば「(笑)」など、メールやメッセージで使用されるくだけた表現がありますね。

スペインでも、若者を中心に使われている表現があるので、ここでいくつかご紹介したいと思います。

jajaja

声に出して読むと、「ハハハ」。笑い声のことです。日本語の「(笑)」に当たります。

jajaja, me muero de risa(ハハハ、笑いすぎて死にそう=すごく面白い)” というように使われます。

jejeje

発音すると、「ヘヘヘ」。日本語の笑い声「ヘヘヘ」や「エヘヘ」といったニュアンスと同じで、照れ笑いや何か企んでいるときなどに使われます。

笑い声は世界共通なのかもしれません…面白いですね。

tmb

初めて見た方は眉をひそめるかもしれません。 ”tmb” …いったい何のことでしょうか?

これは、実は ”también(~も)” の略なのです。よく使われることばで、文字数が長めであるため、省略されるようになったのでしょうね。

ちなみに、否定の「~も」の ”tampoco” は、 ”tp” と略されます。

おわりに

いかがでしたか?定期的にメールを書くことは、スペイン語の上達にもなるので、たくさん練習しましょう!

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP