スペイン語講座

スペイン語”por”と”para”どっち?・後編

スペイン語の前置詞のporpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるかご存知ですか?

前回はporの使い方を学びましたね。今回は、paraの使い方をいくつかご紹介します。どのように使われているか、実際の会話を通して学びましょう!

paraの使い方

目的

Juan: ¿Para qué estudias español?

何のためにスペイン語を勉強しているの?

Taro : Para trabajar en España.

スペインで仕事をするためさ。

para+ 名詞、動詞など”で、「目的」を表すことができます。

para trabajar en España”といえば、「スペインで仕事をする目的で」という意味になります。

paraのあとに”que+接続法の文”が来ることもあり、「(主語以外の者が)~するために」となります。

Mis padres están ahorrando para que mi hermano estudie en España.

両親は、兄のスペイン留学のため(=兄がスペインで勉強するという目的のために)お金を貯めています

受取人

Juan: He traído este pastel para María.

マリアにこのケーキを持ってきたよ。

Taro : Muy bien, que a ella le encantan los dulces .

いいね!彼女甘いものが大好きだもんね。

para+名詞や代名詞など”で、「(物や行為の受け取り手を表す)~へ」となります。 ”para María”といえば、「マリアへ」という意味になります。

目的地への方向

Juan: ¿A dónde vas?

どこへ行くの?

Taro : Bueno, para casa, que mi abuela está esperándome.

うちだよ。おばあちゃんが待ってるからさ。

para+名詞”で、「方向」を表すことができます。 ” (Voypara casa”といえば、「家へ(行く)」という意味になります。

締め切り

Juan: El ensayo es para el martes que viene. 

エッセーは次の火曜日までだよ。

Taro : ¿Para el martes? ¡Nos falta poco ya!

火曜日までだって?もうすぐじゃないか!

para+名詞”で、「期限・締め切り」を表すことができます。

” para el martes que viene”で、「次の火曜日が締め切り=次の火曜日までに」という意味になります。

おわりに

いかがでしたか?

以上に挙げたものが、paraの代表的な使い方のうちのいくつかです。それぞれporparaをどのような時に使うか、分かりましたでしょうか?

いろいろな例文を探して、porparaの使い方に慣れるようにしましょう!一度慣れてしまえば、自由に使いこなせるはずです。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP