レストランを予約①

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

今度の週末に、トレドに足をのばすユリカ…相変わらず下準備に余念がありません。食事の場所もしっかり押さえて…限られた時間を有効活用するようです!

レストラン予約の可否

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

会話

María: ¿Qué estás buscando?

何を探しているの?

Llevas horas en internet mirando páginas de restaurantes…  

何時間もレストランのページをネットサーフィンしてるのね。

Yurika: Este fin de semana voy a visitar Toledo yo sola.

今週末、トレドに一人旅するのよ。

María: Ah, por eso estás buscando un lugar para comer.

ああ、それで食べる場所を探しているのね。

Yurika: Creo que el fin de semana los restaurantes estarán llenos, así que voy a reservar ya.

週末はレストランは混んでいると思うから、あらかじめ予約するのよ。

María: ¿¡Vas a reservar para ti sola!?

一人で食事をするのに予約をするの!?

Pues… yo que tú, no lo haría.

う~ん、私ならやらないけどね。

Yurika: ¿Por qué? ¿Te parece raro?

どうして?変だと思う?

Pero es la única manera de asegurarme de que tengo mesa.

でも食べる場所を確保するために、唯一の方法なのよ。

María: Es posible reservar, por supuesto. Pero ocupar una mesa solo por una persona parece un poco descortés hacia los demás.

もちろん予約はできるわよ。でも周りの人から見たら、ずうずうしいと思われるわよ。テーブルを一人だけで占領するなんてね。

Yurika: No había pensado en eso, pero tienes razón.

そこまで考えていなかったけれど、確かにそうね。

María: Imagínate que estás comiendo sola en un buen restaurante en los que siempre hay que reservar, donde la gente suele ir en grupo… sería bastante extraño.

それに、想像してごらんなさいよ、ふつうグループで来るような、予約が要る良いレストランで、たった一人で食べている姿を…。滑稽よ。

Yurika: Ah, cierto. Entonces, si no es una persona sola no parece tan raro, ¿verdad?  

ああ、そうね。じゃあ、一人でなければ、変じゃないわけね?

María: Claro. Si vas en grupo sí es normal reservar con antelación.

そうよ。グループでなら、予約をすることも結構あるわよ。

Yurika: Ya sé qué hacer; por favor, te vienes conmigo a Toledo y así cenamos juntas.

いいこと思いついたわ。お願い、私と一緒にトレドに来て、一緒に食事をしてよ。

この一言で壁を超える

私だったら~

yo que tu, no lo haría.:私があなたなら、それをやらないだろうな

相手の行動を、やんわりとたしなめるのに便利な表現。「yo que~」は「私が~だったら」という決まり文句です。

日本語の「やめたほうがいいわよ」に似たニュアンスですね。

想像してみて

imagínate:想像してごらんなさいよ。

会話の相手をひきつける話術の一つ。淡々と状況を説明するだけでなく、時々「imagínate」などと挟むことで、臨場感のある、活き活きとした会話にすることができます。

つ・ぶ・や・き

複数人数でレストランに行くときは、スペインでもあらかじめ予約をいれることもあります。

ただし!できるだけ混雑時間や週末を避けて予約を入れる人が多いようです。

Imagínate…お店の人が忙しく、並んでいる人もいる、そんな混雑時間帯に…「reservada(予約席)」と書かれたテーブルに悠々と着くのは気まずい、というわけです。

というわけで、ズバリ、予約のねらい目は、平日の少し早いランチ。「少し早め」と言っても、スペインのランチタイム「2時」より少し早めですから…

ちょうど日本のランチライム、12時がベストタイミングなのです。

関連記事

  1. ラテンアメリカの食卓④

    どんな家庭にも"おふくろの味"がありますよね。ラテンアメリカでは、どんなものがおふくろの味にあたるの…

  2. スペインの国民食ボカディージョ

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【ボカディージョ】です。ボカディージ…

  3. レストランで注文する②

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!春が終わったスペインは、もう夏の香り。日中はか…

  4. 「カフェ(cafe)で楽しみ(es un placer)」スペイ…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「スペイン風コーヒー単語」をマスター…

  5. レストランを予約③

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!ランチにレストランを予約していたユリカは、寝坊…

  6. スペイン語の”野菜の名称”いろいろ

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマはスペイン語の「野菜の名前」を覚える。…

  7. スペインの飲み物

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは「スペインの飲み物」です。美味しい料…

  8. ラテンアメリカの食卓③

    ラテンアメリカの主食は"トルティーヤ"ということはみなさんご存知の通り。「日本の主食がお米のような感…

PAGE TOP