スペイン語のアスペクト

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「スペイン語のアスペクト」。

アパートの階段がグラグラ。ユリカは大家さんを説得したようです。早速二人の会話を覗いてみましょう。

~したところだ

María: Por poco me caigo en la escalera. Qué miedo he pasado…

もうちょっとで階段から落ちるところだった。怖かったわ…

Yurika: ¿Estás hablando de aquella escalera de la entrada cuyos pasamanos están medio rotos?

あの手すりが壊れかけた入口の階段のこと?

María: Exacto. Acabo de pasar por allí y casi me caigo.

そう。いまあそこを通ってきたところなんだけれど、転びそうになったわ。

Yurika: He oído que el dueño del edificio comenzará a arreglarlo esta tarde.

大家さんが今日の午後、その階段の修理を始めるそうよ。

María: Qué bien, tenía que haberlo hecho mucho antes.

それは良かった。もっと早くそうするべきだったのよね。

Yurika: Se lo he pedido al dueño muchas veces, y sigo pidiéndole que lo arregle cada vez que lo veo.

大家さんに会うたびに、修理してくれって頼み続けていたのよ。

María: Buen trabajo, Yurika. Entonces a partir de mañana ya podemos pasar tranquilamente.

よくやったわね、ユリカ。それじゃあ明日からは安心して通れるってわけね。

Yurika: Espero que sí. A ver cómo lo deja.

そうだといいわね。さて、どんなふうに直してくれるのかしら。

ワンポイント

acabar de +動詞の原型

~したところだ

似た語形で「acabar+動詞の進行形」は「~するまでに落ちぶれる、しまいには~してしまう」という意味です。

María: Acabo de beberme la quinta cerveza de hoy. Últimamente bebo demasiado.

今日5杯めのビールを飲んだところよ。このところ飲みすぎね。

Yurika: Acabarás gastándote todo el sueldo en cerveza. Ten cuidado.

しまいにはお給料を全部ビールにつぎ込むことになるわ。気をつけなさいよ。

medio

半ば、不完全に

進行中の動作がまだ完了していない時、あるいは量や質が中間値にある時など幅広く使用されます。

María: Cuando me he despertado esta mañana, me estaba medio cayendo de la cama.

今朝目が覚めたら、ベッドから落ちかけていたわ。

Yurika: Ibas a parar el despertador con los ojos medio abiertos, ¿verdad?

寝ぼけたままで、目覚まし時計を止めようとしたんでしょう?

comenzar a+動詞の原型

~し始める

同じく「始まる」という意味の「empezar」を使って、「empezar a+動詞の原型」でも同じ意味です。

María: Ha empezado a llover. No he traído el paraguas.

雨が降り始めたわ。傘は持ってこなかったわよ。

Yurika: Yo tampoco. Vamos a correr hasta nuestro piso.

私も。家まで走りましょう。

seguir+動詞の現在分詞

~し続ける

seguir」は「続ける」「従う」「ついていく」という意味。「seguir+動詞の過去分詞」では「~したままの状態だ」と言う意味になります。

María: Sigue lloviendo muy fuerte, no podemos salir hoy.

こんなに強く雨が降り続けているわ。今日は出かけられないわね。

Yurika: Seguiremos viendo la televisión un par de horas más.

2時間以上も座ったままで、テレビを見ているのね。

つ・ぶ・や・き

「テンス(時制)」よりも少し細かい「アスペクト」という文法項目があります。現在・過去・未来の使い分けが「テンス」、アスペクトは“進行状況”です。

動作が始まったところなのか、途中なのか、完了なのか・・・などなど。微妙な使い分けをマスターして、表現の幅を広げましょう!

関連記事

  1. ストラテジー表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「ストラテジー表現」。聞き上手の…

  2. 「de nada」スペイン語の意味

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「nada」を使った色々な表現」。…

  3. スペイン語の”鳥の名前”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「色々な鳥の名前」。マリアとユリ…

  4. スペイン語の関係副詞

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「関係副詞」。マリアはハロウィン…

  5. “tan”を使った色々な表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「tanを使った色々な表現」。料…

  6. 体調不良の色々な表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「体調不良の色々な表現」。ユリカ…

  7. スペイン語の”動作の段階を表す動詞句”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動作の開始・持続・終結を表す動詞句…

  8. スペイン語の”por”と”p…

    スペイン語の前置詞のporとpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるか…

PAGE TOP