スペイン語講座

スペイン語の”色”

「腹が黒い」、「白い目で見られる」、「赤の他人」…日本語には、「色」を使用した表現がありますね。

実は、このような言い回しはスペイン語にもたくさんあるのです。今回は、スペイン語の「色」を使った表現を紹介します。

赤にちなんだ表現

まず会話を読んで、それぞれどのような意味なのか推測してみてください。

トマトのように赤くなる?

Juan: ¿Cómo te fue la presentación?

プレゼンテーションはどうだった?

Taro : Como había mucha gente, me puse muy nervioso y rojo como un tomate.

たくさん人がいたから、緊張して、顔がトマトみたいに赤くなっちゃった。

Ponerse rojo como un tomate”は、直訳すると「トマトみたいに赤くなる」ということ。

「恥ずかしさで赤面する」状態を指します。日本語でも「顔が赤くなる」という表現がありますが、トマトに例えるところがスペイン語らしいですね。

紫にちなんだ表現

紫色になる? 

Juan: ¿No quieres más?

もういらないの?

Taro : Me he puesto morado y no puedo.

お腹がいっぱいだから、食べられないよ。

morado/a”は「紫色」。”Ponerse morado”は、直訳すると「紫色になる」となりますが、ここでは「たくさん食べて満腹だ」という意味になります。

食べ過ぎた苦しさを紫色で表現する、面白い言い回しです。

白にちなんだ表現

白がない?

Juan: Ahora estoy sin blanca.

今はお金がないんだ。

Taro : ¿Por qué? Trabajaste mucho el mes pasado, ¿no?.

なんで?先月たくさん働いたんじゃないの?

blanca”というと「白色」(ここではsinの後に付いているので、名詞)と考える方も多いかと思います。

ここでは「スペインで使われていた昔の貨幣の呼称」を指すので、”Estar sin blanca”は文字通り「お金がない」という意味になります。日本語の「無一文」と同じですね。

黒にちなんだ表現

黒色だ? 

Juan: María está negra. ¿Qué le pasa?

マリア怒ってるね。どうしたの?

Taro : Porque su novio llegó tarde otra vez.

彼氏がまた遅刻したからさ。

negro/a”は「黒色」。”Estar negro”は、直訳すると「”黒色だ”」になりますが、ここでは「”怒っている”」状態を表します。

日本語でも「”黒色”」というと「”腹が黒い”」など悪い意味を表しますが、スペイン語でもネガティブなイメージのようです。

おわりに

いかがでしたか?色から意味を推測しやすい表現もあったと思いますが、なかなか想像できないものもあったと思います。

日本語とスペイン語を比べると、各言語の色のもつイメージの違いが分かって面白いですね。他にも色を使った表現はたくさんあるので、探してみてください。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP