スペイン体験

スペイン語の”歯科用語”

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「歯医者さんで使うスペイン語」。

マリアは「親知らず」を抜くことに!少々緊張しています。

歯医者

María: Voy al dentista esta tarde. ¡Qué miedo!

今日の午後、歯医者に行くのよ。怖いわ!

Yurika: ¿Tienes caries o algún problema con las encías?

虫歯か歯周病でもあるの?

María: No, no tengo dolor ni inflamación. Es que voy a quitarme las muelas del juicio.

痛みも知覚過敏も無いわよ。親知らずを抜くためなのよ。

Yurika: Eso lo hice en Japón. Se hace para evitar la caries o problemas de maloclusión.

私は日本で抜いたことがあるわ。虫歯予防や噛みあわせトラブルを防ぐのよね。

María: Exacto. Hoy también voy a quitarme el sarro dental, y luego echarme flúor.

その通り。今日は歯石を取って、それからフッ素も塗ってもらうの。

Yurika: Estás cuidando tus dientes perfectamente, eh.

とても良く歯の手入れをするのね。

María: Yo siempre cuido bien mis dientes con hilo dental.

私はいつもデンタルフロスを使っているのよ。

Yurika: Últimamente se venden muchas cosas útiles para los dientes. Estamos en una buena época para la salud dental.

最近は便利な歯の手入れ道具が売っているわよね。歯の健康にいい時代だわ。

ワンポイント

muelas del juicio

親知らず

「親知らず」の名称は、各言語ごとにユニークな物が多いです。スペイン語の直訳は「審判の奥歯」。「juicio」には「良識」「判断」という意味もあります。

María: He estado a punto de ser atropellada por una moto. ¡Qué mal conducen los jóvenes de hoy en día!

もう少しでバイクにひかれるところだった。最近の若者の運転はひどいわ!

Yurika: Tienen poco juicio.

良識が足りないのね。

mal~

悪い~、不正の~

mal-」で始まる単語を見たら、「悪い何か」「不正な何か」という意味。厳密な訳が分からなくとも、なんとなく意味を予想できれば、しめたものです。

María: ¿Por qué has comprado sandalias? Yo te he pedido que compraras una sandía.

どうしてサンダルを買ってきたの?私はスイカを頼んだのに。

Yurika: He malentendido lo que dijiste, lo siento.

私が単語を聞き間違えちゃったの。ごめんなさい。

sarro

「歯石」や「舌の汚れ」だけでなく、バスタブの湯垢など幅広く使います。歯科で使う時は、舌の汚れと区別するため「sarro dental」と言います。

María: Gracias por quitar todo el sarro de la bañera. Todo está muy limpio.

湯船の湯垢をとってくれてありがとう。隅々までピカピカね。

Yurika: Como me gusta bañarme, siempre quiero mantenerla limpia.

私は湯船につかるのが好きだから、いつもきれいにしておきたいの。

época

時代

同じように期間を意味する「etapa」との違いに要注意。「etapa」は「時期」「段階」と訳され、「época」よりも短い期間です。

María: El siglo veintiuno es la época de la expansión de la informática.

21世紀は情報科学が普及する時代ね。

Yurika: Todavía estamos en la etapa inicial del avance. Pero seguirá desarollándose.

まだ初期の段階だけど、発展し続けるでしょうね。

つ・ぶ・や・き

旅先での事故ほど、嫌なものはありません。とはいえ、何が起こるかわからないのが人生です。備えあれば憂いなし、ですね。

今回は、歯医者さんで使える単語のご紹介でした。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP