スペイン語講座

スペイン語で願望や義務について話す

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「願望や義務の表現」。

こりずにダイエットを試みるマリア。ユリカがたしなめています。早速二人の会話を覗いてみましょう。

痩せたい、でも食べたい!

María: Quiero comer algo… desde anoche no he comido nada.

何か食べたい…昨日の夜から何も食べていないのよ。

Yurika: ¿Otra vez estás haciendo régimen? Debes acabar con esa costumbre.

またダイエットしているの?その変な習慣、やめなくちゃダメよ。

María: Yo siempre deseo estar más delgada, pero al mismo tiempo necesito comer para vivir. Es un dilema.

いつももっとやせたいと願っていて、同時に生きるために食べなくちゃいけなくて…これってジレンマよ。

Yurika: ¿Cómo que un dilema? Tú puedes comer normalmente, lo que tienes que hacer es deporte.

何がジレンマよ。あなたは普通の量なら食べていいのよ。やらなくちゃいけないのは運動よ。

María: Ya sé que hay que hacer deporte para vivir con salud. Pero además de eso, quiero adelgazar rápidamente.

健康に過ごすために人は運動するべきだって、分かっているわよ。でもそれ以上に、私は早くやせたいのよね。

Yurika: Bueno… pero de todas maneras, para bajar de peso hay que darle tiempo.

そうね…でも、とにかく体型を変えるには、ある程度時間をかけなくちゃ。

María: Es verdad. Debo planear bien hasta cuándo y cómo pierdo peso.

そうだわね。いつまでにどうやって体重を減らすか、よく計画をたてないといけないわ。

Yurika: Antes de todo, ahora tienes que comer algo.

その前に、今は何か食べなくちゃね。

ワンポイント

tener que~

しなくてはいけない

deber~」との使い分けが難しいです。「deber~」の方が「tener que~」よりも、「やらなくちゃ」の動機付けが「意志<義務」、つまり、義務感が強くなります。

María: Tenemos que pagar el piso… el día de pago era anteayer.

家賃を払わなくちゃ…おとといが支払いの日だったわよ。

Yurika: Debemos pagarlo ahora mismo. Se me había olvidado a mí también.

今すぐ払わないといけないわ。私もわすれていた。

haber que

人は~するものだ

hay que~」という形でよく登場します。「deber」と同じく「義務」を表しますが、より一般的な義務(常識)で、主語が特定できない場合に「hay que~」がピッタリです。

María: En Japón hay que quitarse los zapatos para entrar en las casas, ¿verdad? Qué complicado.

日本では家に入るのに靴を脱ぐものなんでしょう?めんどうね。

Yurika: Y en España debo llevar los zapatos dentro de casa, qué incómodo.

スペインで私は、家の中で靴を履いていなくてはいけない。くつろげないわ。

querer~

~したい

desear~」とよく似ていますが、「querer~」の方が使用頻度は多いようです。

desear」も「querer」も、願望表現では助動詞として機能しますが、「欲する」という動詞です。

María: Quiero cenar en algún lugar de lujo esta noche. ¿Vamos a un restaurante a comer langosta?

今夜はどこかで豪華な夕食を食べたいわ。ロブスターのレストランに行きましょうか?

Yurika: Buena idea. Últimamente el cuerpo me pide marisco.

いい考えね。このところ体がシーフードを欲しているのよ。

dilema

ジレンマ

古典ギリシア語の「di-lemma」が起源。両方同時に選べない2つの選択肢があり、どちらを選んでもデメリットがある「ジレンマ」のことです。

María: Si dejo el trabajo, no tengo dinero. Si sigo trabajando, no tengo tiempo para estudiar. Es un dilema.

仕事を辞めれば収入が無い。仕事を続ければ勉強する時間が無い。ジレンマだわ。

Yurika: Los adultos trabajan, así que obtener tiempo para estudiar es muy difícil.

大人になって働いていると、勉強する時間を確保するのが難しいわね。

つ・ぶ・や・き

願望・義務の表現…ポイントは「助動詞の微妙な使い分け」です。まさに「スペイン語のセンス」が問われる分野ですね。

できるだけ多くの例文に触れ、「なぜその表現が使われているのか」考える習慣が大切。まずは使用頻度の高い「tener que」から、しっかりマスターしましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP