hecho/hechaを使った表現

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「hechohecha)を使った表現」。

料理の上手なマリア。今夜は腕をふるってステーキです。早速二人の会話を覗いてみましょう。

夕食が出来た!

María: Ya está hecha la cena: hoy comemos filete.

夕食が出来たわよ。今日はステーキを食べましょう。

Yurika: ¡Bien hecho! ¡Estás hecha una cocinera!

見事だわ!プロの腕前ね。

María: ¡Qué exagerada! Por cierto, la carne está bien hecha. Te gusta así, ¿verdad?

おおげさね!ところで、肉はウェルダンに焼いたわよ。それが好きよね?

Yurika: Sí, me gusta mucho. Muy bien asada. ¿Estás acostumbrada a cocinar carnes?

そう、大好き。よく焼けているわ。肉の料理に慣れているの?

María: Sí. A mi hermano menor le gustaban las barbacoas, y siempre cocinaba yo.

ええ。私の弟はバーベキューが好きで、いつも私が料理していたのよ。

Yurika: Una vez me contaste que él se ponía hecho una furia cuando no le gustaba la comida.

弟さんが食事が気に入らなくて激怒したっていうエピソードを、前に話していたわね。

María: Ahora ya no se comporta así. Es un señor responsable.

今はもう、そんなことはしないわよ。立派な大人だからね。

Yurika: Ya es un hombre hecho y derecho, je je je.

もう一人前なのね、ハハハ。

ワンポイント

¡Bien hecho!

見事だ!立派だ!

「たいしたものだ」と驚いた時に使う決まり文句です。皮肉をこめて言う場合もあるので要注意。前後の文脈や状況から、真意をつかみましょう。

María: El gato de siempre ha robado el último filete y se ha escapado por la ventana.

いつものあの猫が、最後のステーキを盗んで、窓から逃げたわ。

Yurika: ¡Bien hecho! El otro día robó jamón serrano. ¡Qué gourmet!

やってくれるわね!この間は生ハムを盗んだわ。グルメな猫ね!

hecho una furia

カンカンに怒る

furia」はもともと「荒れ狂ったもの」の意味。「hecho un (una)~」で「~になる」という意味です。「furia」のアクセントは[u]に来るので、気をつけましょう。

María: ¿Has visto a una mujer hecha una furia con su niño? ¿Qué le ha pasado?

女の人が子供を、ものすごく叱っていたのを見た?何があったのかしら?

Yurika: Su niño le hizo daño a un gato callejero.

あの子供が野良猫をいじめたのよ。

hecho

出来事

英語の「fact」と同じ意味で、「事実」「出来事」「行為」といった意味に使われることもあります。ちなみに「hecho de armas」は「武勲」のことです。

María: No sé si mi manera de discutir con mi compañera hoy fue justa o no.

今日、同僚と口論したのは、正しかったのかどうか自分でもわからないわ。

Yurika: A lo hecho, pecho. Lo que has hecho ya no lo puedes cancelar.

やったことには胸を張らなくちゃ。もう起こったことは取り消せないわよ。

echo

作られた、完成した

一番基本的な「hecho」の使い方です。動詞「hacer(する)」の過去分詞形です。英語の「made」「done」にあたります。

María: ¿Te gusta este sombrero de México? Está hecho en México a mano.

このメキシコの帽子、いいでしょう?メキシコ製で手作りなのよ。

Yurika: Te queda bien, pero es mejor que no salgas por la calle con eso aquí en España.

似合うけど、ここはスペインだし、それをかぶって外に出ない方がいいわ。

つ・ぶ・や・き

hacer」の過去分詞形「hecho」をピックアップしてみました。

A lo hecho, pecho.」は「やったことは、胸に」という直訳。「もう済んだことは、胸を張って受け止めろ」という諺です。

「覆水盆に帰らず」の、ややポジティブなバージョンとも言えるでしょうか。

関連記事

  1. 前置詞”desde, hasta, para, po…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「前置詞 desde, hasta,…

  2. スペイン語で”hay~がある”の表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは色々な「~がある」という言い方です。…

  3. スペイン語のあいさつ・調子を尋ねる方法

    Hola todos!スペイン語の基本のあいさつ、実際のスペイン人のコミュニケーションでは、「おはよ…

  4. 動詞”traer”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動詞traer」。今日はハロウ…

  5. メールで使えるスペイン語の一言フレーズ

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回は【メールで使える一言フレーズ】を勉強します。…

  6. スペイン語の”por”と”p…

    スペイン語の前置詞のporとpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるか…

  7. スペイン語の”con”を使った表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「conの表現を広げる」。ユリカ…

  8. 白と黒を使った、スペイン語表現①

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!オセロゲームにはまったマリアとユリカ。スペイン…

PAGE TOP