スペイン情報

一歩進んだ気候の表現①

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

師走のマドリッドは、すっかり冬の空気。南欧の日差しの温かさも、日かげでは感じられないようです。

スペイン・冬の気候

さっそく会話をのぞいてみましょう!

会話

Yurika: El frío del invierno ha llegado a Madrid.

マドリッドに冬の寒さがやってきたわね。

Al sol todavía me siento cómoda, pero a la sombra me congelo.

日なたはまだいいけれど、日かげじゃ凍えそうよ。

María: Echo de menos la brisa de la primavera… pero menos mal que ya han acabado las lluvias de otoño.

春のそよ風が恋しいわ…でも秋の雨の時期が終わってくれて、まあよかったわよ。

Yurika: Este otoño no ha llovido tanto como otros años.

今年の秋はいつもよりも雨が少なかったわよね。

Solo a veces hemos tenido algunos chubascos, pero no he usado el chubasquero ni una vez.

時々にわか雨があったくらいで。雨がっぱを一度も使わなかったわ。

María: Es verdad. Normalmente cada otoño hay más precipitaciones.

そうね。いつもの秋はもっと降水量が多いわよ。

Yurika: Pero por otro lado, casi cada mañana ha habido niebla.

でも毎朝霧は出ていたわね。

También menos dias del sol, estaba siempre nublado.

日が照っている日が少なくて、いつも曇っていたわね。

María: ¿Como será el tiempo este invierno?

この冬の天気はどうなるのかな?

Ya he sacado mi chaquetón y mi plumifero.

もうコートもダウンも出しておいたわよ。

Yurika: Aquí nieva muy pocas veces.

ここではほとんど雪はないわね。

Pero me acuerdo de que el año pasado hubo un día de nevisca.

でも去年は少し粉雪が舞ったわよ。

María: Es bueno que no haya tormentas ni ventiscas.

嵐も吹雪もなくて結構なことよ。

En Japón llueve a cántaros, ¿verdad?

日本では土砂降りがたくさんあるんでしょう?

Yurika: Depende del lugar. Pero llueve todo el año, mucho más que en España.

場所によるわね。でも年間を通して、スペインより雨がずっと多いわよ。

María: Hay que llevar siempre paraguas, ¿no? Qué lata.

いつも折り畳み傘を持ち歩かなくちゃいけないんじゃない?面倒よね。

Yurika: Además la ropa lavada tarda mucho más en secarse que en España.

おまけに、洗濯物もスペインみたいにすぐに乾かないのよ。

María: Aquí cuando tenemos nubarrones encima también tarda bastante.

スペインでもどんよりした日はあまり乾かないけれどね。

Pero en verano se seca enseguida.

でも夏は干したとたんに乾くわよね。

この一言で壁を超える

nubarrón

黒雲

気候の表現としても使えますが、いやな予感がするときの比喩にも使われます。

Hay nubarrones sobre la economía española.(スペイン経済の上に黒雲がある)」と言えば、「スペイン経済は見通しが暗い、悪くなる予感がする」という意味です。

llover a cántaros

土砂降りの雨

cántaro」はもともと水がめのこと。田舎の軒先にあるような、貯水用の大きなツボをさします。

これをひっくり返したような大雨が「llover a cántaros」、つまり「土砂降りの大雨」という意味です。

つ・ぶ・や・き

lluvia」「nube」「viento」…初級の気候用語になれてきたら、もう少し進んだ表現を取り入れてみましょう。

大雨なのか、霧雨なのか、粉雪が舞っているだけなのか、詳細をスマートに表現できる快適さは格別です。

視覚的情報が豊富で、フレーズもシンプルな「天気予報」番組を繰り返し観るのがお勧め。

井戸端会議のお天気の会話すら、一段と楽しくなりますね!

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP