体調不良の色々な表現

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「体調不良の色々な表現」。

ユリカは夏バテ気味のようです。一方マリアは飲みすぎです。早速二人の会話を覗いてみましょう。

体調不良の原因

María: ¿Qué te ha pasado? ¿Por qué no comes nada esta mañana?

どうしたの?なぜ今朝は何も食べないの?

Yurika: Desde anoche no tengo apetito. Siento el cuerpo muy pesado.

昨日の夜から食欲が無いのよ。体がすごくだるいの。

María: Quizás hayas cogido la gripe… ¿no tienes fiebre?

風邪をひいたのかもね。熱は無いの?

Yurika: No. Ni tos ni dolor de garganta. Seguro que es por el calor.

ないわ。咳も喉の痛みもないし。間違いなく暑さのせいよ。

María: Claro… ¡es que últimamente hace tanto calor! Esta mañana he tenido náuseas y vómitos…

そうよね…この頃ずいぶん暑いものね!今朝は胸やけがして、もどしてしまった…

Yurika: ¿Cómo? ¿Estabas tan mala? Tú estás enferma, debes ir al hospital.

なんですって?そんなに体調が悪かったの?それは病気だから病院にいかなくちゃ。

María: No, no. Bebí demasiada cerveza anoche, con tanto calor me apetecía mucho.

ちがう、ちがう。昨夜けっこうビールを飲んじゃって。こう暑いと、たくさん飲んじゃうのよ。

Yurika: Ah, solo tenías resaca… eres “La revoltosa”, je je je.

あら、ただの二日酔いか…人騒がせね、ははは。

ワンポイント

apetito

食欲

食事をする人に「¡Buen apetito!(たくさん食べてね)」と言います。

abrir el apetito(食欲をそそる)」「comer con mucho apetito(モリモリ食べる)」という表現も便利。

María: ¡Qué bien huele! El aroma del ajo abre mi apetito.

良い香り!ニンニクの香りが食欲をそそるわね。

Yurika: He freido pulpo con ajo. ¡Buen apetito!

タコをニンニクと一緒にあげたのよ。どうぞ召し上がれ!

calor

暑さ・情熱・熱

夏の「calor(暑さ)」は厳しいものですが、「dar calor(勇気づける)」「entrar en calor(盛り上がる)」といった“嬉しい暑さ”も表現できます。

María: ¿Qué estás haciendo? ¿Eso es baile o yoga?

何をしているの?それはダンスかヨガかしら?

Yurika: Es “gimnasia de radio” de Japón. Es bueno para entrar en calor.

日本の“ラジオ体操”よ。体の代謝をあげるのに良いのよ。

vomitar

吐く、放出する

火山の噴火の意味もあります。「erupción」も火山のゲップ、同じく噴火です。「provocar el vómito」で「嫌な気分にさせる」という表現も便利です。

María: ¿Alguna vez has ido a un volcán en erupción?

溶岩が出ている山に登ったことはある?

Yurika: Claro que no. No tengo la afición tan peligrosa.

もちろんないわよ。そんな危険な趣味はもっていないわ。

revoltosa

いたずらな、反乱者、人騒がせな

La revoltosa(『人騒がせな娘』)”とは、19世紀に活躍したスペインのサルスエラ作曲家Ruperto Chapí y Lorenteの作品の一つ。ユリカは文学通のようです。

María: ¿Oíste las motos de anoche? No entiendo por qué hacen tanto ruido…

昨夜のバイク、聞こえた?なぜああに騒音を立てるのか、理解できないわ…

Yurika: Son los jovenes revoltosos. No saben otra manera para gozar la vida.

騒ぎ立てて面白がっている若者なのよ。他に人生を楽しむやり方を知らないのね。

つ・ぶ・や・き

太陽の照り付けるスペインの夏は、同時にヒマワリの花の季節でもあります。湿気はあまりないものの、スペインの肌を刺すような暑さもまた、厳しいものですね。

関連記事

  1. スペイン語”por”と”pa…

    スペイン語の前置詞のporとpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるか…

  2. スペイン語の”感覚表現”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「五感、感覚の表現」。視力意外は…

  3. スペイン語の”ir”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動詞ir現在形」。マリアとユリ…

  4. スペイン語の”みる”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは色々な“みる”。クロスワードで眼…

  5. スペイン語の”por”と”p…

    スペイン語の前置詞のporとpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるか…

  6. スペイン語”aire”を使った表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「aireを使った色々な表現」。…

  7. “tan”を使った色々な表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「tanを使った色々な表現」。料…

  8. 白と黒を使った、スペイン語表現②

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!試験が無事に終わり、リラックスモードのユリカ。…

PAGE TOP