スペイン語の前置詞”a”

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「前置詞”a“の基本用法」。

留守中に荷物が届き、ユリカは受け取りに郵便局へ向かいます。早速二人の会話を覗いてみましょう。

どこに行く?

María: ¿A dónde vas, Yurika? ¿Vas a salir con una carretilla de carga?

ユリカ、どこに行くの?台車を持って出かけるの?

Yurika: Voy a la oficina de correos para recoger un paquete.

郵便局に荷物を受け取りにいくのよ。

María: Ah sí, te ha llegado algo mientras no estábamos aquí.

ああ、そうだ。留守中に、あなた宛ての荷物が届いたのよね。

Yurika: Es un paquete gigante que me ha mandado mi madre.

私の母が送った、大きな荷物なのよ。

María: Vamos juntas en mi coche. Te esperaré a la puerta de correos. 

私の車で一緒に行きましょうよ。私は郵便局の入り口で待っているわ。

Yurika: Gracias, me será de gran ayuda. De aquí al puesto de correos se tarda media hora caminando.

ありがとう、すごく助かるわ。ここから郵便局まで、歩いて30分かかるもの。

María: Entonces vamos. No olvides llevar tu DNI para recogerlo.

じゃあ行きましょう。荷物を受け取るために、身分証明証を忘れないでね。

Yurika: Gracias. Algún día quiero regalarte algo a tí para darte las gracias.

ありがとう。いつかあなたに感謝をこめて、素敵なプレゼントをあげたいわ。

ワンポイント

前置詞”a”の使い方

方向

~へ

行き先が具体的に決まっている時、移動先を表します。「~のあたりに行く」など、漠然とした行き先を表す時は「por」を使います。

María: Este fin de semana voy a la biblioteca. 

今週末は図書館に行くわ。

Yurika: En esa zona hay muchos sitios para comer. Podrás pasar allí todo el día.

あの辺りは食事をする場所がたくさんあるわね。一日中過ごせるわよ。

地点

~で

英語の「at」にあたる使い方。ある一点で起こる動作・状態を表す時に使います。より広がった空間の時は「alrededor de(~の近辺で、~の周辺で)」と言います。

María: Se me cayó el pañuelo a la salida del aparcamiento.

駐車場の出口で、ハンカチを落としてしまったわ。

Yurika: ¿Has buscado por los alrededores? El viento lo habrá llevado a algún sitio.

その辺を探してみた?どこかに風で飛んで行ってしまったかもね。

到達点

~まで

de…a~」で「…から~まで」となります。前置詞「a」は全て、定冠詞「el」と並ぶ時は「alael)」となるので要注意。

María: ¿Cuántas horas de avión se tarda de Japón a España?

日本からスペインまで、飛行機で何時間かかるの?

Yurika: Se tarda más o menos 20 horas.

だいたい20時間くらいよ。

間接目的語

~に

「あなたに贈り物をする」は、「Yo te regalo algo.」とも言えます。「Yo regalo algo a tí.」と言うと、より「“あなたに”贈りたい」気持ちを強調できます。

María: ¡Has comprado una botella de vino tan caro! ¿Te ha pasado algo bueno?

こんなにいいワインを買ってきたのね!何かいいことがあったの?

Yurika: Te la he comprado a tí para agradecerte la ayuda.

これはあなたに買ったのよ。私を助けてくれた感謝を表すためにね。

つ・ぶ・や・き

スペイン語の辞書でも、最初に現れるのは「a」。簡単そうな外見とは裏腹に、なかなか奥が深い前置詞です。

日本語の助詞「てにをは…」の替わりにもなるのが“前置詞”。学ぶほどに、スペイン人の「感じ方」も見えてきて、新鮮ですよ。

関連記事

  1. スペイン語”por”と”pa…

    スペイン語の前置詞のporとpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるか…

  2. 動詞”tocar”の表現いろいろ

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動詞tocarの表現いろいろ」。…

  3. スペイン語の”por”と”p…

    スペイン語の前置詞のporとpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるか…

  4. スペイン語の前置詞”por”と̶…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「前置詞porとparaの使い分け」…

  5. 口語の慣用句②

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【口語の慣用句】です。スペインでネイ…

  6. スペイン語の”星座”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「スペイン語の12星座」。マリア…

  7. スペイン語の”忘れた”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「“忘れた”の色々なパターン表現…

  8. スペイン語”aire”を使った表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「aireを使った色々な表現」。…

PAGE TOP