動詞”tocar”の表現いろいろ

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動詞tocarの表現いろいろ」。

コンサートチケットを手に入れたマリアは、ユリカにプレゼントします。早速二人の会話を覗いてみましょう。

楽器を弾く

María: ¿Tú tocas algún instrumento musical?

あなたは何か楽器を弾くの?

Yurika: Yo toco un poco el piano, pero me gusta más escuchar que tocar.

ピアノを少し弾くけれど、音楽は弾くより聴く方が好きよ。

María: Entonces te regalo esta entrada para el concierto de mañana. Me ha tocado, pero a esa hora me toca ir al dentista.

じゃ明日のコンサートのチケットをあげるわ。当たったのだけれど、その時間は歯医者の予約を入れてあるのよ。

Yurika: Muchas gracias. Ah, conozco a este músico, es un famoso gutarrista.

どうもありがとう。あ、この演奏家は知っているわ。有名なギタリストよね。

María: ¿Lo conoces? Y ¿te gusta?

知っているの?それで、好き?

Yurika: Me gusta mucho. Lo he visto tocando la guitarra en televisión, y me ha tocado el corazón.

とても好きよ。一度テレビで演奏を見たけれど、感動したわ。

María: Pues que lo pases bien mañana. Yo lo pasaré bien en el dentista.

じゃあ、明日は楽しんできてね。私は歯医者さんを楽しんでくるわ。

Yurika: Ah, tu ortodoncia está tocando ya a su fin, ¿verdad?

ああ、歯の矯正がもうすぐ終わるんだったわね?

ワンポイント

tocarの使い方

触る

一番基本的な「tocar」の意味は、英語の「touch」にあたります。物理的な接触だけでなく、「話題に触れる」「修正を加える」という意味もあります。

María: ¿Estás colocando las fichas de dominó? A ver, te ayudo…

ドミノ倒しを並べているの?じゃあ、手伝うわよ…

Yurika: ¡No las toques, por favor! Es algo muy delicado.

触らないで、お願い!すごく倒れやすいのよ。

楽器を弾く、音を出す

これもよく使われる意味で、英語の「play」に相当します。最近はあまり見かけなくなった「レコード」のことは「tocadisco(ディスクに触るもの)」と言います。

María: ¿Qué hora es? Se me olvidó ponerme el reloj.

今何時?時計を持ってくるのを忘れちゃった。

Yurika: Son las cinco. Acabo de escuchar la campana del reloj de la iglesia tocando.

5時ね。ちょうど教会の鐘が5時を鳴らすのが聞こえたところよ。

順番がまわってくる

列などで順番を待ちながら自分の番になった時だけでなく、「何かをするべき時が来た」という意味でも使われます。

María: Me ha tocado un cupón de descuento: podemos comprar cualquier vino a mitad de precio.

割引券が当たったわ。これを使うとどのワインでも半額で買えるのよ。

Yurika: Pues ya toca comprar un Dom Perignon, ¡por fin!

ついにあのドンペリを買う時が来たわね!

心が揺れる

いわゆる「感動する」という意味を伝えたい時に「tocar el corazón」と言います。感謝や後悔の深さを伝えたい時に便利な表現です。

María: Últimamente siento falta de emociones, necesito hacer algo nuevo.

このごろ感動する経験が無いわ。何か新しいことをしなくちゃ。

Yurika: Alquilemos una película que nos toque el corazón.

心にグッとくる映画を借りてきましょうよ。

つ・ぶ・や・き

tocar」を使って表現できる色々な意味をご紹介しました。日本語では「触る」「自分の番になる」「感動する」…色々な言葉で表現されます。

スペイン人が日本語を勉強する時は、日本語の語彙の複雑さに戸惑うことでしょう。言葉の習得、大変なのはお互い様ですね。

関連記事

  1. スペイン語の関係副詞

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「関係副詞」。マリアはハロウィン…

  2. 数字を使った表現①

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは「数字を使った表現」です。日常生活で…

  3. スペイン語の”音楽の単語”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「音楽の単語をのぞいてみよう」。 …

  4. スペイン語の”タイムリミット表現の使い分け̶…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「タイムリミット表現の使い分け」。…

  5. 著名人から学ぶ!スペイン語の格言③

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは、前回に引き続き【格言】です。芸術家…

  6. スペイン語の前置詞”por”と̶…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「前置詞porとparaの使い分け」…

  7. 体調不良の色々な表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「体調不良の色々な表現」。ユリカ…

  8. 願望・推測の表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「接続法を使った“願望・推測”の表現…

PAGE TOP