スペイン語の”野菜の名称”いろいろ

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマはスペイン語の「野菜の名前」を覚える。

食欲の秋。ユリカは台所で日本の味を再現中です。早速二人の会話を覗いてみましょう。

スペインの野菜たち

会話

María: ¿Qué vas a cocinar con tanta verdura? ¿Algún plato japonés?

こんなにたくさんの野菜で、何を料理するの?何か日本の料理かしら?

Yurika: Se llama “nabe”, es un plato de cuchara para el invierno.

「なべ」って言うのよ。鍋から取り分けて食べる冬の料理なの。

María: ¡Cuánta verdura! Cebolla, zanahoria, patata, calabaza, puerro y lechuga…

野菜がたくさん!玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、かぼちゃ、長ネギ、レタス…

Yurika: Ah, eso no es lechuga, sino acelga. Un poco parecida a la col también.

あ、それはレタスじゃなくて白菜よ。キャベツにもちょっと似ているわね。

María: Hay muchas hortalizas tempranas. Aquí están los tubérculos también.

旬の野菜がたくさんあるのね。こっちには根菜もあるわ。

Yurika: Siempre me confundo con los nombres de verduras. No se vende mucho tubérculo en el supermercado.

野菜の名前って、いつも混乱しちゃう。スーパーにはあまり根菜がなかったのよ。

María: Tampoco se vende mucho en la frutería de siempre, ¿verdad?

いつもの八百屋にもあまりなかったでしょう?

Yurika: Exacto. Siempre me cuesta mucho encontrar rábanos, batatas y tal.

その通り。大根とかサツマイモとか、見つけるのがいつも大変だわ。

ワンポイント

hortalizas

野菜

 

verdura」とほぼ同じ意味で使われます。「hortalizas tempranas」は、旬の季節に最初に出回っている野菜のことです。

María: ¡Qué rico! Esta pasta tiene una salsa muy sabrosa.

美味しい!このパスタのソースはとってもいい味ね。

Yurika: He usado cebollas tempranas. Está muy rica.

新玉ねぎを使ったのよ。美味しくできているわね。

confundirse de/con ~

~について混乱する、間違える

動詞「confundir」は「混乱させる」という意味。再帰動詞「me」と合わせて「私は~を間違える」という表現です。

María: ¿Con quién estabas hablando por teléfono? Has cortado muy rápido.

誰と電話で話していたの?ずいぶん早くきっていたわね。

Yurika: Me confundí de número de teléfono. ¡Qué vergüenza!

電話番号を間違えちゃったの。恥ずかしいっ!

me cuesta ~

~は大変だ

costar」はもともと「費用がかかる」「労力を要する」と訳されます。

me cuesta」で「私に労力をする」、つまり「たいへんだ」という意味になります。

María: Te cuesta recordar los nombres de verdura en español, ¿verdad?

あなたにとって、スペイン語で野菜の名前を覚えるのは難しいでしょう?

Yurika: Sí. Siempre me confundo con “pepino” y “pimientos”.

そうなの。いつも「キュウリ」と「ピーマン」を間違えちゃう。

~ y tal

~など

スペイン語で「~など」という表現は色々ありますが、「~y tal」は会話の文末によく使われます。

~etcétra」と同じように用いることができます。

María: Hay verduras que tienen nombres distintos en Sudamérica.

同じ野菜でも、南米では違う呼びかたの物があるのよ。

Yurika: Sé que “batata” en América es “camoté”, “judía” es “frijol”… y tal. El español es un idioma rico.

サツマイモは南米で「camoté」、インゲンマメが「frijol」、とかね。スペイン語は豊かな言葉だわ。

ワンポイント

食材の名前をスペイン語で確かめながら食べると、美味しさも2倍!衣食住の語彙は、生活の中で少しずつ慣れて覚えましょう。

毎日の小さな積み重ねで、しっかりとした語学力が生まれます。

関連記事

  1. 毎日の料理・ボカディージョ

    ¡Hola todos!のテーマは ”Bocadillo”です。「ボカディージョ」、みなさんは一体何…

  2. スペインの飲み物

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは「スペインの飲み物」です。美味しい料…

  3. レストランで注文する①

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!ユリカとマリアはマドリッドの老舗レストランに来…

  4. レストランを予約②

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!炎天下のトレドに週末旅行中のユリカとマリア。レ…

  5. スペイン語の”カフェ単語”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「スペイン風コーヒー単語」をマスター…

  6. レストランで注文する②

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!春が終わったスペインは、もう夏の香り。日中はか…

  7. レストランを予約①

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今度の週末に、トレドに足をのばすユリカ…相変わ…

  8. スペイン・郷土料理

    ¡Hola todos!今回は、スペインの地方特有の料理を見てみたいと思います。世界的にも人気を博し…

PAGE TOP