「あなた」いう時のスペイン語

  1. 会話で覚える単語・活用

スペイン語を学ぶとき一番初めにマスターするのが人称の使い方です。usted, túの国による使い方の違いを見ていきましょう。意外な事実にびっくりするかもしれません。

会話

Arisa: Hoy pareciera que es día internacional.

今日はとっても国際的な日ね。

Nancy: ¿Por qué lo dices?

なんでそう思うの?

Arisa: Somos de varios paises diferentes, ¿te das cuenta?

だって私たちみんな違う国から来ているじゃない、気づいた?

Nancy: Viendolo bien, tienes razón. Como hablamos mismo español, no me di cuenta.

よく見てみたらそうね。同じスペイン語を話すから、全然気づかなかったわ。

Arisa: Es cierto que hablamos mismo español pero no es exactamente lo mismo.

確かに同じスペイン語を話すけど、全く同じっていうわけでもなさそうよ。

Nancy: ¿Qué quieres decir?
何が言いたいの?

Arisa: Hace rato estuve platicando con Juan y le pregunté por qué me trataba de usted ya que somos muy amigos.

ちょっと前にフアンと話していて、なんで私たちこんなに仲のいい友達なのに私にustedを使うのか尋ねたの。

Nancy: A mi también me trata de usted y me siento incómoda porque siento que no me tiene confianza.

確かに私にもustedで話してくるわ。信頼関係がないのかなってちょっと悲しくなるの。

Arisa: Dije lo mismo yo a él. Pero resulta que en Costa Rica, donde es él, hasta los esposos se tratan de usted.

私も同じことを彼に言ったの。そしたらね、彼の出身のコスタリカでは、夫婦の間であってもustedを使うんだって。

Nancy: Me cuenta creerlo.

ちょっと信じられないわ。

Arisa: A mi también se me hace dificil creerlo. Pero es su cultura.

私も信じられないけど、それが彼らの文化みたいよ。

場所が変われば使い方も変わる人称

年下、友達や家族など、信頼関係のある間柄なら

目上の人や初対面などの相手にはusted

これが基本的な使い分けですが、国が変わるとこれも違ってくるのです。例えば…

コスタリカ:基本的にどんな人にもustedを使う。家族、夫婦、動物、子供などどんなに親しい中でもusted が普通。  

グアテマラ:男性の友達同士でを使うと、ゲイ(おかま)のように聞こえてしまう。男性友達とのやりとりは vos(かなりの親しさがこめられている)かusted(フォーマル)のどちらか。

ちなみに男性と女性、女性同士では vos, tú,usted のどれでも使える。

おわりに

中南米はスペイン語が話されるので楽!なんて思ってしまいますが、実は国によって小さな違いがたくさんあります。

こういうことを知っておくと、コミュニケーションにがスムーズにできて、友達の輪を広げるのにも役立ちますよ。

スペイン語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全なスペイン語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(スペイン語勉強)

365日毎週届く無料のスペイン語メルマガ
開く(購読無料)