スペイングルメ・食文化

スペイン語で学ぶ:多種多様なレモンの用途

みなさんはどんな時にレモンを使いますか?イタリアン料理や焼き魚の添えによく使われますよね。

ラテンアメリカでは、レモンはトルティーヤとトウガラシの次に欠かせないと言っても過言ではありません。早速見てみましょう!

暑い日の飲み物

Mario Carlos の、とある暑い日の会話です。

Mario: ¡Qué calor hace hoy! Se me antoja una cerveza.

なんて暑い日なんだ!こんな天気だとビールが飲みたくなるよ。

Carlos: A mi se me antoja una michelada. ¿Qué tal si buscamos?

僕はミチェラーダが飲みたい気分だな。探しに行こうよ。

Mario: Buena idea. Mira, allá venden cebiches. De seguro tendrá las bebidas.

いいね。あそこセビーチェ売ってる。あそこなら飲み物もあるはず。    

Carlos: Yo he ido allí, prepara buenas comidas y bebidas. ¡Vamos!

僕はあそこに行ったことあるけど、飲み物も食事もすごくいいよ。行こう!

レモンの使い方

飲み物に

ミチェラーダとは、レモンの汁(ジュースではなく)とビールと塩を混ぜた飲み物です。

ラテンアメリカと言っても、国によって組み合わせが異なります。

例えばグアテマラでは、上記のほかに醤油、トマトジュース、トウガラシを入れます。中にはコップのふちに生エビが飾ってあることも。

マルガリータのようにレモンが”添えてある”のではなく、最初にレモンの汁をたっぷり絞って入れるので、まさにレモンがないと作れない飲み物の一つです。

他にもラム、テキーラをジュースで割って飲むとき、最初にレモンの汁をたっぷり絞るのが習慣です。

食べ物に

マリオが言っていたセビーチェとはまさにレモンが欠かせない料理。みなさん想像がつきますか?

わかりやすいように言うと、海鮮サラダのようなものです。トマトジュースとレモンの汁がベースで、その中にエビ、イカ、タコなどのみじん切りが入っています。

トマトや玉ねぎ、ハーブのみじん切りも入っていて、健康にももちろんいい食べ物です。

ここでも欠かせないのがレモン。元々ベースにレモンがたっぷり入っているのですが、食べるときにお好みでさらに加えることもできます。

もちろんスープに入れたり、料理のアクセントにも使われます。

ほかの興味深い使い方

ラテンアメリカではレモンは万能薬ともみなされています。

例えば、蚊やダニに刺されたときに痒いところにレモンを塗ったり、乗り物酔いをしたときにレモンを吸ったり。

旅行に行くときは必ずレモンを持っていく人もいるくらいです。

おわりに

レモンの使い方、いかがでしたか?日本ではそこまで身近なものではありませんが、ラテンアメリカは家にレモンの木があるところも多く、食卓と切っても切り離せない関係にあります。

健康にもいいので、アイデアをもらって試してみるといいかもしれませんね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP