コミュニケーション

スペイン語で伝える「謝罪」のフレーズ

誰にでもミスはあること。何か失敗をしてしまった時、予定をキャンセルしなければいけない時、相手にきちんと謝ることは大事ですよね。

親しい人に対する気軽な「ごめん」から、ビジネスでの丁寧なお詫びまで、さまざまなシーンの謝り方を覚えておきましょう。

遅くなってごめんなさい!

Martín:¡Hola, Laura! Perdona por el retraso. ¿Has esperado mucho?

やぁ、ラウラ! 遅くなってごめん。だいぶ待った?

Laura:No, no te preocupes.

ううん、気にしないで。

Martín:Es que estaba en la fiesta de cumpleaños de mi tía.

今日は叔母の誕生会があって…。

Laura:¡Ah! Siento haberte sacado de la fiesta.

そうなのね、そんなお祝いの時に呼び出して申し訳なかったわね。

Martín:¡No pasa nada! A mi tía la veo todas las semanas.

いやいや、いいんだよ。叔母には毎週会っているから。

Y la exposición a la que vamos es muy interesante, ¿no? Tengo muchas ganas de verla.

それに、今から行く展示会、おもしろいんだってね。すごく楽しみだよ。

Laura:Sí, está en el Reina Sofía y pensé que te encantaría.Y como hoy es el último día de la exposición, quería que la vieras.

そう、ソフィア美術館で開かれている展示会。きっとあなたも気に入ると思うわ。今日が最終日だから、どうしても見てほしかったの。

Tendría que haberte avisado antes; lo siento.

もっと早く声をかければ良かったのだけど、ごめんなさい。

Martín:¡¿Qué dices?! Gracias por haberme invitado. Venga, vamos rápido al museo.

とんでもない!誘ってくれてありがとう。さぁ、早速美術館に向かおうか。

会話のポイント

  • Perdona por el retraso.  = 遅れてごめんね

perdona は「pedonar」(許す)の命令形。親しい相手に対しては「perdona」、目上の人や見知らぬ人に対しては「perdone」と言います。

retraso は「遅れ」を意味する名詞。同じ意味を表すフレーズとして「Perdona por llegar tarde.」という言い方もできます。

  • no te preocupes.  = 気にしないで

preocuparse」(心配する、気遣う)の否定命令形で、「気にしないで大丈夫ですよ」という表現になります。目上の人が相手なら「no se preocupe」。

  • Siento 〜 = (〜について)ごめんなさい、すみません

siento に続く文は、自分が主語なら不定詞に、自分以外を主語に置くなら「que+接続法」になります。

場合によっては、「残念に思います」「気の毒ですね」という意味になることも。

  • ¡No pasa nada! = なんでもないよ

直訳すると「何も起こらない」ですが、つまりは、「なんでもないことだよ」「大丈夫だよ」「気にしないで」ということ。

  • lo siento = ごめんなさい、すみません

前述の「siento〜」は、siento の後に説明文が続きますが、この「lo siento」は、siento の前に「lo」をつけて、すでに話題に出た内容を指します。

会話の流れでお互いがわかっていることに対して「そのことについて申し訳なく思う」と言う時に、こう言います。

  • ¡¿Qué dices?!  = とんでもない!

「何を言っているの!?」。これは、相手を責めているのではなく、「そんなこと言わなくていいよ」「そんなことないよ」というニュアンスで使われます。

ステップアップ

関連単語

  • disculpa = 謝罪
  • perdonar = 許す
  • reflexionar = 反省する
  • arrepentirse = 後悔する
  • excusa = 言い訳

シーン別、知っておきたい「謝罪フレーズ」

  • 道を尋ねる時、店員に声をかける時

Disculpe.

  • 聞き取れなかった言葉を繰り返してもらうように頼む時

¿Perdón?

Perdón, no le he entendido. 

※丁寧に聞き返す場合

  • メールの返信が遅れてしまった時

Perdona por tardar tanto en constestar. 

※目上の人に対しては、Perdone

  • 誰かにぶつかってしまった時、前を横切る時

Perdone.

  • 誰かの仕事場に入る時、誰かの間をすり抜ける時

Con permiso.

※「失礼します」「ちょっと失礼」という意味

  • 予定をキャンセルする時、何か失敗してしまった時

Lo siento.

Lo siento muchísimo.

※「本当に〜」と強調したい場合

  • 迷惑をかけてしまった時

Perdóname. 

※直訳すると「私を許してください」

  • ビジネスシーンでお詫びをする時

Lo siento mucho.

Lo lamento. 

  • 反省していることを丁寧に伝えたい時

Le pido disculpas por 〜 

※「〜について、謝罪申し上げます」

まとめ

冒頭の会話では例えとして謝罪フレーズを多用しました。

状況にもよりますが、実際スペイン人たちはそれほど頻繁に謝るわけではありません。

実はスペインでは「反省」という単語を日常で口にする人はほとんどおらず、代わりに「後悔」という言葉が使われています。

考え方の微妙な違いはあるのですが、マナーとして人として、相手を気遣う心得があるという意味では同じです。普段から、とっさのひとことが自然に言えるようになりたいものですね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP