文化・習慣

スペイン語で学ぶ:エルサルバドルの食卓~ププーサス~

今日はエルサルバドルの食卓に欠かせないププーサスがどんなものか見ていきましょう。朝食、昼食、そして夕食にもできる、とても便利でお腹いっぱいになる料理です。

会話

Elsa: Te vamos a dar la bienvenida, Mari. Vamos a hacer las pupusas para la cena.

あなたの歓迎会をしましょうね、まり。夕食にププーサスを作るわよ。

Mari: Muchas gracias. Aunque he oido mucho de pupusas, nunca habia probado de verdad.

ありがとう。ププーサスのことは聞いたことあるけど、本場を食べたことはないの。

Elsa: Esperamos que te gusten. De hecho, mientras estes aquí, probarás cientos de pupusas.

気に入ってくれるといいわ。エルサルバドルにいる間、たくさんのププーサスを食べることになるわよ。

Mari: ¿Por qué?

どうして?

Elsa: Es que hay muchas pupuseria, además, cada casa las hace de diferentes maneras.

ププーサス屋が沢山あるし、各家庭ごとに違う味がでるから。

Mari: Me gustaría probar varios tipos porque me encanta.

ププーサス大好きだから、色々な種類を試してみたいな。

Elsa: Que bien. Vamos a hacer bastante para que queden para el desayuno de mañana.

それはよかった。明日の朝食まで残るように、たくさん作るわよ。

Mari: Buena idea.

それはいいアイディアね。

ププーサスの材料

本場エルサルバドルでは、米粉を使ってププーサスを作ります。米粉の代わりにトウモロコシ粉も使えます。

具に欠かせないのはチーズ、なかでもケシージョという温めるととろけるチーズです。

そのほかにチチャロン(豚の皮の唐揚げ)、ロロコ(香ばしい味がする花の一種)などを混ぜて、大きなトルティーヤを作ります。そのあと油をひいた鉄板で両面焼いて出来上がり。

どれだけホカホカで食べるかが、おいしさのカギです。お好みで、サルサソースをかけたりクルティード(キャベツの酢漬け)を添えたりして食べます。

便利でおいしい食べ物

エルサルバドルでは原材料が簡単で手軽に手に入るので、メニューに迷ったらププーサスというほど便利な食べ物です。冷凍しておいてお腹が空いたときに食べることもあります。

最近ではさらに時間を短縮するために、冷凍ププーサスがスーパーで売られています。お土産にも便利です。

おわりに

エルサルバドルオリジナルのププーサス。旅行の際は色々な種類のププーサスを試してみるのも、楽しみの一つに加えてみるといいかもしれません。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP