文化・習慣

スペイン語で学ぶ:フルーツの楽園ラテンアメリカ

それぞれの季節を特徴づけるものの一つに、旬の果物があります。国、地域によって果物の種類も変わってきますよね。

今日はラテンアメリカでよく見かける、お手頃なフルーツを見ていきましょう。

会話

Sara: ¿Qué es lo que disfrutas de tu estancia en Guatemala?

グアテマラで一番楽しんでることって何?

Maki: Entre tantas cosas, disfruto de comer muchas frutas.

沢山あるけど、その中でもフルーツをこんなに食べれるのがうれしいかな。

Sara: ¿No hay frutas en japón?

日本にフルーツないの?

Maki: Claro que hay, pero no hay tanta variedad como aquí. Además, la mayoría es cara.

もちろんあるけど、ここみたいに種類がないから。それにほとんど高いの。

Sara: Escuché que los mangos son muy caros allá, ¿es cierto?

マンゴーがすごく高いって聞いたことがあるけど、本当?

Maki: Es verdad, si pagaras el precio de un mango de japón, podrias comprar como 30 mangos aquí.

本当よ。日本でマンゴーを一個買う値段で、ここだと30個くらい買えるもの。

トロピカルフルーツの王国

日本より比較的暖かい気候のラテンアメリカでは、トロピカルフルーツが多く見られます。代表的なのはマンゴー。3月から6月頃(雨期に入る前)にかけて、市場は様々な種類のマンゴーで溢れます。

日本ではマンゴーは高級品で、贈答用になると5000円から1万円にもなりますが、グアテマラでは一個15円で売られています。

トミーという繊維がない種類のマンゴー(日本ではアップルマンゴーで知られていて、食べやすい)でも3個で100円以下というお手軽さで、毎日のようにマンゴーを楽しむことができます。

フルーツが丸ごと買える?!

パイナップルやパパイヤなど、スーパーではカットした状態でパック詰めで売られていたり、缶詰で売られていたりしますよね。

コスタと呼ばれる海岸沿いの地方では、熱帯の気候でマンゴー、バナナ、パイナップルなどが大量に栽培されており、市場では山積み状態で売られています。

大きなスーパーなどに行くとパック売りもありますが、基本的に一つ丸ごとという単位で売られています。

カットしてそのまま食べたり、ナチュラルジュースにしたり、ペピータという香辛料をかけて食べたりと、いろいろな楽しみ方があります。

おわりに

ラテンアメリカのフルーツで溢れる市場を想像できたでしょうか?旅行などで訪れる際は、是非日本で味わえない種類のフルーツを楽しんでみてくださいね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP