文化・習慣

スペイン語で学ぶ:メキシコの食卓に欠かせないフリホーレス

日本でいうお米感覚でラテンアメリカではよくトルティーヤが食べられますが、そのお供に欠かせないのがフリホーレスです。

今日はフリホーレスの種類と食べ方について見てみましょう。

会話

Maki: ¿ Qué fue lo que más extrañaste de tu país cuando fuiste a japón?

日本に行ったとき一番恋しくなったものは何?

Zonia: La comida de japón me encantó pero extrañé mucho las tortillas y los frijoles.

日本食はすごく気に入ったけど、トルティーヤとフリホーレスが恋しかったな。

Maki: Te entiendo porque en japón no se puede conseguirlos.

わかるよ。だって日本にはないもんね。

Zonia: La unica vez que me dieron de probar frijoles era muy dulce. Me pareció muy extraño la forma de sazonar.

一度フリホーレスを試したんだけど、すごく甘かったの。味付けの仕方が変わってるなって思った。

Maki: Es que en centroamerica siempre los prepara para la comida, o sea, salado.

だって中米ではいつもご飯として調理するから塩味だもんね。

Zonia: Exactamente. Cada hogar tiene su forma de hacerlos y salen muy ricos.

その通り。それぞれの家庭で味付けが違って、とっても美味しいの。

 

メキシコからパナマまでの家庭の味

フリホーレスは一概に言うと豆”ですが、日本に大豆、黒豆などの種類があるように、ラテンアメリカにもたくさんの種類のフリホーレスがあります。

毎日の食卓に欠かせない一番メジャーなのがフリホーレスネグロで、お肉のお皿などにもサラダやお米と一緒に必ず添えられています。

朝食や夕食はトルティーヤとフリホーレスだけといったシンプルな場合もあり、一般家庭には必ずあるといっても過言ではありません。

他にもフリホーレスピント(ロホ)は、香草ソーセージやハム、ベーコンなどを入れて煮込み、シンプルなフリホーレスよりも深い味わいが楽しめます。他にもチチャロン(豚の皮の唐揚げ)と煮込む方法もあります。

経済的で栄養満点

フリホーレスは基本的にどんな土でも育つ丈夫な植物です。トウモロコシ畑にトウモロコシと一緒に栽培している場合もあり、気候にあまり左右されずに必ず収穫できるところも利点です。

安価で栄養満点なので、とても便利な食べ物です。

おわりに

日本人にとって毎日塩味の豆を食べるというアイデアは少し受け入れがたいかもしれません。

でも最近はファーストフード店のメニューのブリート(小麦粉のトルティーヤの中に肉やチーズなどが巻かれているもの)にフリホーレスが入っていたりと、気軽に楽しめるようになっています。

機会があればぜひ試してみてくださいね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP