スペイングルメ・食文化

スペイン語で学ぶ:ラテンアメリカの食卓②

どこの国に行っても、食文化には驚かされるものですよね。例えば、魚を生で食べる日本の食習慣は、海外の人にとっては信じられないものです。

今日は、ラテンアメリカの珍しい”食べ物を少し見てみましょう。

ラテンアメリカの味

アキコがグアテマラ人の Ana と好きな食べ物について話しています。

Ana:¿Qué comida te gusta de Guatemala?

グアテマラ料理で何が好き?

Akiko: Me encanta el caldo de res. Es que en japón no hay de eso. ¿Y a tí?

牛肉のカルドが大好き!だって日本にはないんだもん。あなたは?

Ana: Hay tantas cosas que me gustan, pero mi favorito son los zompopos.

いっぱいあるけど、あえて言うならソンポポスかな。

Akiko: ¿Qué son esos? Nunca habia oido de eso.

それ何?聞いたことないけど。

Ana: Te mostoraré fotos. Aqui estan.

写真を見せてあげる。ほら!

Akiko: ¡No puede ser! No puedo creer que se puede comer.

ありえない!これを食べるなんて信じられない…。

Ana: No te asusutes. En mexíco se comen otros tipos de insectos. También comen nopales.

びっくりしないで。メキシコではほかの種類の昆虫も食べるのよ。ノパルも。

Akiko: Parece que me falta mucho conocer la comida de centro america.

中米の食べ物まだまだ知らないってことに気づかされるわ。

zompopos

ソンポポス

アキコが驚くのも当然、ソンポポスは葉切り蟻の一種です。雨季が始まる前の5月中旬から下旬にかけて、数日間にわたって大量発生します。

一年に数日しか手に入らないということで希少価値もあがり、市場では高値で取引されます。

どうやって調理するのでしょうか?羽、頭の部分をとってフライパンなどで焼き、香ばしくなったところにレモンと塩をかけて食べるようです。

香ばしいので味にくせはなく、蟻といわれなければ気づかないかもしれません。

nopales

サボテン

サボテンのはりを取り除き、茹でて小さく刻みサラダにします。アロエのような粘りがあって、納豆に慣れている日本人には馴染みやすいかもしれません。

身体にとてもよく、高血圧、血液サラサラに大いに貢献します。本場メキシコでは、サボテンまでタコスにしてしまうようです。

caldo

スープ

ラテンアメリカの代表的な料理の一つにカルドが挙げられます。牛、鶏など肉の種類によって野菜や香草のコンビネーションも変わってきます。

大きな肉の塊に野菜まで厚切りで、チレとレモンを入れて芯まで温まります。

おわりに

ラテンアメリカの珍しい食べ物を挙げていくときりがありません。

チョコレートとお米を混ぜた飲み物だったり、お昼ご飯にチョコレートソースの入った肉が添えられたリ…。

既成概念を捨てて新鮮な気持ちで挑戦してみると、意外とおいしさを発見できるかもしれません。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP