スペイングルメ・食文化

スペイン語で学ぶ:ラテンアメリカの食卓④

どんな家庭にも”おふくろの味”がありますよね。ラテンアメリカでは、どんなものがおふくろの味にあたるのでしょうか?

今でも食卓に深く根付いていて、伝統的ないくつかのメニューを見てみましょう。

ラテンアメリカのおふくろの味

Laura: Ya son a las diez de la mañana. Tengo hambre.

もう10時だね。お腹が空いたな。

Raquel: ¿Por qué no salimos a comer algo?

じゃあ何か食べに行かない?

Laura: Buena idea. ¿Qué se te antoja?

いいね。何が食べたい気分?

Raquel: Mmm…  Quiero un atol y una tostada me llenan.

ん~、アトルとトスターダでお腹いっぱいになるかな。

Laura: Me parece bien. Vamos a buscar en el mercado.

いいね。メルカドに探しに行こうよ。

アトル

アトルとは中南米の伝統的な飲み物の一つです。

基本的な作り方は、とうもろこしの粒をゆで柔らかくしたものをつぶし水と混ぜ、砂糖などで甘くし煮込んだものです。

最近ではベースとして、とうもろこしだけでなく様々なフルーツや野菜も使われます。

例えば、プラタノ(調理用バナナで普通のバナナより大きめ)やアバ(そらまめ)をベースにしたものもあります。

チョコレートや甘い牛乳のベースにお米が入ったものもあり、米を主食にしている日本人にとっては少し驚く組み合わせですよね。

腹もちがいいため、おやつ時間のほかに朝食や夕食にも添えられています。

トスターダ

薄いトルティーヤを揚げたものの上に、色々な具をのせます。チキンのマヨネーズ和え、アボガドのディップ、フリホーレス(豆の煮物)など、好みの具材を組み合わせることができます。

軽い感覚で食べらるので、おやつの時間に間食で食べられることが多いです。露店で手軽に手に入れることができる、馴染みのある一品です。

もちろん一般家庭でも簡単に作ることができ、トルティーヤが余って冷えた時などの有効活用にもなります。

タマル

トルティーヤの原材料と同じですが、とうもろこしのペースト状になったものの中に煮込んだ肉を包み、さらにバナナの皮で包んで蒸した食べ物です。中身の肉は鶏、豚のどちらかが使われます。

とうもろこしの代わりに、米やじゃがいものをすりつぶしたものが使われることもあり、じゃがいものの場合はパチェスという名前になります。フランスパンを添えて召し上がれ。

おわりに

日本では見ることのない色々な食べ物に、興味をもってもらえたでしょうか?

組み合わせ、使われる野菜の種類までラテンアメリカ独特で、最初は挑戦するのに勇気がいるかもしれません。

でも、冒険心をもっていろんなものに挑戦してみると、きっと味覚が広がると思いますよ。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP