スペイン体験

スペイン版のクリスマス、レジェス・マゴス

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【レジェス・マゴス】です。

みなさんは” Día de los Reyes Magos”という言葉を聞いたことがありますか?

スペイン版のクリスマスともいえる一大イベントのことで、スペインならではのユニークな文化をご紹介します。

レジェス・マゴスの日

Taro : Cuando era pequeño, me comportaba bien en diciembre.

小さいとき、12月はいい子にしてたんだ。

Juan : Porque si no, Papá Noel no te trae nada, ¿verdad?

いい子にしなけりゃ、サンタクロースから何ももらえないんだろう?

Taro : Sí, exactamente.

その通りさ。

Juan : Yo también. Pero aquí aunque no fueras un buen niño, te regalarían algo en enero, al menos el “carbón”.

僕も同じだよ。ただし、スペインでは、いい子じゃなくても1月にあるものがもらえるんだけどね。少なくとも「炭」がもらえるよ。

レジェス・マゴスとは

スペインでは、1月6日を”Día de los Reyes Magos(レジェス・マゴスの日)”といい、この日は子供がプレゼントをもらったり、家族で集まって食事をしたりする祝日となっています。

スペインでは、クリスマスよりもこのレジェス・マゴスの日を盛大に祝うという家庭も少なくありません。

los Reyes Magos”は、日本語で「東方の三博士」と訳されます。

「東方の三博士」とは、イエスが誕生した際に、東よりやってきたメルキオール、バルタザール、カスパールの3人の博士たちのことを指します。

博士たちが1月5日の夜半に贈り物を持ってイエスを訪ねたという言い伝えが、現代の「レジェス・マゴスの日」の由来になっていると言われています。

子どもたちが大好きなレジェス・マゴスの日

レジェス・マゴスは、子どもたちが皆心待ちにしている日。というのも、1月6日に朝起きると、プレゼントが枕元に置いてあるのです。

良い子には、博士たちが素敵なプレゼントを持ってきますが、悪い子には「炭」が送られるのだとか。(実際は、炭の形をした砂糖菓子ですが)

プレゼントに加え、街ではレジェス・マゴスのパレードがきらびやかに繰り広げられ、通りには大喜びする子供たちの顔が並びます。

レジェス・マゴスの日に欠かせないデザート

レジェス・マゴスの日に食べる”roscón(ロスコン)”という特別なデザートがあります。

ロスコンは、大きなドーナツのような形をしたケーキで、砂糖漬けのフルーツやナッツ等でカラフルに飾り付けされています。

ロスコンはただのケーキではなく、中に小さな人形と豆が入っているのが特徴です。切り分けられた自分のケーキに人形が入っていた人には、幸運がやってくると言われています。

反対に豆が入っていた人は、翌年のロスコン代を支払わなければならないというルールがあるそうです。家族や仲間と楽しみながら食べられるデザートですね。

おわりに

いかがでしたか?スペインの「レジェス・マゴス」でした。楽しいスペインのイベントの1つなので、是非参加してみてくださいね!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP