スペイン語講座

スペイン語会話に便利な感嘆文

スペイン語でコミュニケーションをとるなら、やっぱり自然な気持ちを表現したいですよね。

今日は、そんな時に便利な言葉を紹介します。この言葉をマスターすれば、驚き、悲しみ、喜びを素直に表せるようになりますよ!

便利な言葉 Qué

Sandra: Tengo una gran noticia, amiga. ¡Me voy a casar este año!

ビッグニュースがあるの。私今年結婚するの!

Karina: ¡Felicidades! ¡Qué alegre! ¿Estás emocionada?

おめでとう!なんて嬉しいニュース!ワクワクしてる?

Sandra: Claro que si. ¿Podrias asistir a nuestra boda?

もちろんよ。私たちの結婚式出席できる?

Karina: Por supuesto que si. Tu eres mi mejor amiga.

当り前じゃない。あなたは私の親友だもの。

Sandra: ¡Qué bien! Es que algunos de mis mejores amigos no podrán asistir.

よかった!何人かの親しい友人は出席できないって言ってたから。

Karina: ¡Qué triste! Por lo menos yo de seguro estaré allí. Cuenta conmigo.

残念ね。少なくとも私は絶対行くから。何でも言ってね。

こんな短い会話に何回も出てきた Qué という言葉。どんな意味があってどんな使い方をするのでしょうか?

後ろに形容詞をつけるだけ

使い方はとっても簡単で、Qué+形容詞で「なんて~なんだろう」という意味になります。

¡Qué hermoso! なんて美しいんだろう、¡Qué rico! なんて美味しいんだろう、¡Qué lejos! なんて遠いんだろう、といった具合になります。

語彙が豊富なスペイン語では、Qué と形容詞の組み合わせで様々な気持ちを表現できます。

形容詞の語彙も豊富

レストランで注文した料理がとてもおいしかった時、日本語だと「すごくおいしい!」の一言で終わってしまいますよね。スペイン語では、おいしいを表す言葉が何種類もあります。

一番よく使われるのは rico ですが、そのほかにも delicioso, sabroso, bueno など、おいしさの程度によって使い分けます。

かわいい女の子に bonita という他に、hermosa, guapa など、美しさや可愛さを表す表現もたくさんあります。

数多くある形容詞から、その場面にピッタリの言葉を選んで Qué をつけるだけ、表現の幅が広がります。

おわりに

ラテンアメリカは一概にいうと、気持ちを素直に表す文化といっても多言ではありません。

日本人は、なかなか自分の気持ちを口に出して表現するのが苦手ですが、スペイン語を学ぶことで少しずつ慣れてくるかもしれません。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP