スペイン語講座

数字を使ったスペイン語の表現①

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは「数字を使った表現」です。

日常生活では、数字を使う機会がとても多いですよね。今回は、フレーズ別にスペイン語での表現方法をご紹介いたします。

時刻

¿Qué hora es?

今何時ですか?

動詞“ser”で表されます。複数形に変化させた“¿Qué hora son?”という表現もあります。また”¿Tienes hora?”という聞き方も使われます。

Son las cinco y media.

5時半です。

cinco”は複数なので、動詞も複数形に活用した”son”が使われます。「1時」の際には”Es la una”と動詞も冠詞も単数になるので注意してください。

「30分」を表すときには「半分」という意味のある”media”を付けます。

また「午前」と言いたいときには”de la mañana”を、「午後」は“de la tarde”や”de la noche”を時間のあとにつけます。

Son las tres menos cuarto.

3時15分前です。

cuarto”という単語には「4分の1=15分」という意味があります。”menos +時間”は「~前」を表すのに使われる表現です。

¿A qué hora sale el próximo tren?

次の電車は何時に出ますか?

「何時に~」と聞くときには”¿A qué hora +動詞?”という文型が使われます。

Sale a las doce en punto.

12時ぴったりに出ます。

「〇時に~」というときには、上の文と同様、時間の前に”a”をつけるのを忘れないでください。

ちなみに”en punto”は、時間と共に使うと「ぴったりに」という意味を表します。

お金

¿Cuánto cuesta este llavero?

このキーホルダーはいくらですか。

「~はいくらですか」は”¿Cuánto cuesta +名詞?”で聞くことができます。

Cuesta dos con sesenta.

2ユーロ60セントです。

「セント」を表す際には”con”が使われます。(1ユーロ=100セント)買い物をするときによく言われる表現なので、注意して聞いてみましょう。

身長

¿Cuánto mides?

身長は何センチ?

動詞”medir”を使います。主語によって動詞を活用するのがポイントです。

Mido uno setenta.

170センチです。

日本語では身長に対して「〇cm」を使いますが、スペインでは「〇m〇cm」という言い回しが使われます。

重さ

¿Cuánto pesa esta maleta?

この荷物の重さは?

動詞”pesar”が使われます。こちらも、主語に合わせて活用が変化します。

Pesa veinte kilos.

20kgです。

重さは”Pesar + 数字・単位”で表します。スペインでも、日本と同じ”kilogramo(キログラム)”と”gramo(グラム)”の単位が使われています。

おわりに

いかがでしたか?スペイン語の「数字を使った表現」でした。旅行中も役立つ表現がたくさんあるので、是非身に付けてくださいね!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP