スペイン語講座

スペイン語で学ぶ:食べ物を使ったラテンアメリカの慣用表現

いくら単語の意味を暗記していても、慣用表現を知らないと、会話についていくのに苦労しますよね。

たくさんある慣用表現の中でも、今日は食べ物を使ったものを見ていきましょう。

chica fresa

fresa はご存知の通りイチゴのことですが、この場合どんな意味になるのでしょう?

Mira la bolsa que carga ella. Es la chica fresa.

あの子が持ってるカバン見てよ。気取ってるよね。

例文を見てわかるように、fresa にはイチゴのほかに”気取っている”という意味があります。

creidopresumido という、文字通り気取っているを意味する言葉を使う代わりに、この慣用表現を使います。¡Qué fresa! だと”リッチだね”という意味です。

本人に直接「あなた気取ってるよね」というのではなく、どちらかというとヒソヒソ話で使われることが多いです。

media naranja

 

半分のオレンジ?と思った人もいるでしょう。このような使い方をします。

¡Por fin enconré a mi media naranja!

ついに運命の人に出会ったわ!

オレンジを半分に切ると、当然のことながら切り目は全く同じですよね。このことから、media naranja は”運命の人”や”ピッタリの人”を表すのに使われます。

mango

¿Viste el jovén que entrevistaron anoche? Está como mango.

昨日インタビューされてた男の子見た?かっこよかった!

あのフルーツのマンゴーですが、人、特に男性に使うと”かっこいい”や”セクシー”という意味になります。

huevo

Tengo hueva.

あ~、面倒くさい。

Parece que Juan no trabaja sino su papa le da dinero. Es un huevon.

フアンは仕事もしないでお父さんからお金もらってるみたい。怠惰だよね。

これらの例文からわかるように、この場合慣用表現で使われる huevo にはいい意味はないようです。面倒くさい、だらしない、怠惰などの意味で使われます。

辞書で huevo の使い方を調べるとバリエーションも様々で、a huevo(いい具合で、いい条件で)、hasta los huevos(飽き飽きする)、cuesta un huevo(びっくりするほど高い)など、時と場合によって違ってきます。

おわりに

食べ物を使った慣用表現、役に立ったでしょうか?今日は、ラテンアメリカでよく使われる慣用表現を見てきました。

しかし一概にラテンアメリカのスペイン語といっても、ある国では当たり前の表現が、ほかの国ではとても汚い言葉とみなされることもあります。

旅行などの際は、前もってその国で”使ってはいけない言葉”を下調べするか、信頼できる友人に聞いてみるのがいいかもしれません。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP