スペイン体験

お菓子を使ったスペイン語のイディオム

みなさんこんにちは。今回のテーマも引き続き【お菓子】、お菓子を使ったイディオムをご紹介したいと思います。

お菓子を使った表現、日本語に も例えば「飴と鞭」がありますね。スペイン語にはどんなものがあるのでしょうか?早速見ていきましょう!

お菓子を使ったイディオム

Taro : ¿Qué estás haciendo aquí? Decías que irías a Córdoba este fin de semana, ¿no?

ここで何をしているの?今週末はコルドバへ行くって言っていなかった?

Juan : Sí, pero al final no. Porque el amigo con el que iba allí ha cogido un catarro.

うん。でも、結局行かないことになったんだ。一緒に行く予定だった友達が風邪をひいちゃって…

Para postre, mi coche se ha estropeado.

しかも、僕の車が壊れたんだ。

Taro : ¡Qué lástima! Bueno, si quieres, quedamos a tomar algo mañana.

それは残念だね。まあ、よかったらあした飲みにでも行こうよ。

Para postre

冒頭の会話で、フアンのセリフにも出てきましたね。「デザート」を意味する “postre” を使った表現です。

この表現には、「その上、しかも」という意味があります。通常、悪いことが重なったときに使われる表現です。

会話中でも、「友達が風邪をひいた。しかも、車が壊れた」という風に使われていますね。

No tener [ni] media galleta

直訳すると、「クッキーの半分さえ持っていない」。どういう意味だかわかりますか?答えは、「(肉体的に)弱い」という意味です。

クッキーを使ったおもしろい表現ですね。クッキーの代わりに ”torta(ケーキ)” が使われることもあります。

Sacar chocolate a + 人

チョコレートを使った表現です。意味は、「(人)に鼻血を出させる」ということ。主に中南米で使われます。

「チョコレートの食べ過ぎ=鼻血」というイメージから来ているのでしょうか?

El hombre me golpeó en la cara y me sacó chocolate.

僕は男に顔を殴られて、鼻血を出した。

Descubrirse el pastel

直訳すると、「ケーキが見つかる」。どんな意味だと思いますか?

この表現には、「秘密が暴かれる」という意味があります。なんだか可愛らしく聞こえる表現ですね。

Se ha descubierto el pastel.del alcalde. Han revelado que recibe soborno de varias empresas.

市長の秘密が暴かれた。複数の企業からわいろを受け取っていることが発覚した。

おわりに

いかがでしたか?お菓子を使ったイディオムでした。スペイン語は、お菓子を使った表現が豊富でおもしろいですね。ぜひ使ってみてください!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP