スペイン体験

いつまで続く!?…スペイン経済危機③

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!かつてのスペイン通貨「ペセタ」から、「ユーロ」に代わって早15年…

EU通貨統合は、スペイン経済に影響を与えたのでしょうか!?

ペソからユーロへ

会話

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

Yurika: No conocí la España de la peseta. ¿Crees que ha cambiado algo con la nueva moneda?

ペセタの頃のスペインを知らないわ。通貨が変わって、何か変化したと思う?

María: Creo que sí. Nunca me olvidaré del momento en que toqué euros en efectivo por primera vez.

たぶんね。初めてユーロの現金を手にした時のことは、決して忘れないわ。

Era todo nuevo y limpio, como si fuera dinero del monopoli.

新札で綺麗で、まるで人生ゲームで使うおもちゃのお金みたいだったわよ。

Yurika: Supongo que al principio habría mucha confusión, la gente no estaba acostumbrada al valor del Euro.

初めの頃はユーロの価値が分からなくて、混乱したんでしょうね。

María: Claro. En televisión se emitía un anuncio que decía “6 euros son 1000 pesetas”. Así fueron dándolo a conocer poco a poco.

もちろんよ。コマーシャルで「6ユーロは1000ペセタです」っていうのを流していたわ。そうやって何とか慣れていったのよ。

Yurika: ¿Hubo alguna influencia en la economía?

経済に何か影響はあったの?

María: Pues, el precio de las cosas subió bastante.

そうね、物価が上がったと思うわ。

Yurika: Ya me lo imagino… la gente se enfadó, ¿verdad?

そうだと思ったわよ…みんな怒ったでしょう?

María: Sí, me parece que mucha se sintió engañada al no saber bien del valor de la nueva moneda.

まあね。新しいお金の価値が分からないせいで、うまくだまされていたみたいよ。

Yurika: Qué mal. ¿Puedes darme algún ejemplo?

ひどいわね。どんな感じだったの?

María: Me acuerdo de una tienda de fotografía que tenía un cartel que ponía “900 pesetas”.

覚えているのは、ペセタの頃に「900ペセタ」って表示していた写真屋があったのよ。

Y al cambiar al Euro, tacharon dos ceros y pusieron “9 euros”.

それがユーロになったら、ゼロふたつと通貨単位だけ変えて「9ユーロ」って変えたのよ。

Yurika: 9 euros son unas 1500 pesetas. ¡Qué tramposos!

9ユーロって大体1500ペセタじゃない。ひどいトリックね。

María: Así es el truquillo de subir los precios.

それが庶民生活の物価上昇の手法なのよ。

この一言で壁を超える

En efectivo

現金で

旅先の買い物でもよく使う用語。現金で払う時は「en efectivo」、カードで支払いたい時は「con tarjeta」です。

Peseta

ペセタ

2001年から欧州統合通貨「ユーロ」を導入したスペイン。ペセタの頃は日本円と比較的近い通貨価値で計算がしやすかったのですが…

ユーロになったとたんに値上げ競争を始めた小売店も多いようです。

つ・ぶ・や・き

「昭和」という元号で、一昔前を懐かしむように…スペイン人は「ペセタの頃は…」といっては昔を懐かしみます。

上昇し続ける物価、給与は減る一方…思い起こせば、ユーロの導入のタイミングで景気低迷が始まったのかもしれません。

ヘミングウェイがスペインをしたためた、あの小説のタイトルにあやかって…

がんばれ、スペイン!「日はまた昇る」!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP