スペインの日常生活

教育だってスペインスタイル!②

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

意外と知られていない「スペインの学校教育事情」。幼稚園付き小学校・中学4年生がある・高校は2年って本当?

はたしてその真相はいかに…さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

スペインの学校

Yurika: Cada mañana oigo el ajetreo de las maletas de los niños que van al cole.

学校に行く子供たちがカバンを引きずる音が、毎朝聞こえるわね。

Cuando acababa de llegar a España lo veía como un espectáculo.

スペインに来たばかりの頃は、物珍しく観ていたものよ。

María: ¿En Japón los niños no usan mochilas con ruedas para ir al colegio?

日本の子供は、学校にタイヤ付きのリュックを持っていかないの?

Yurika: No, en la escuela primaria llevamos una maleta que se llama “randoseru”.

ええ。小学生は「ランドセル」っていうカバンを背負っていくのよ。

Es muy resistente y cómoda, y se puede usar por 6 años.

すごく丈夫で快適で、6年間ずっと使うの。

María: Ah, la escuela primaria de Japón también dura 6 años, igual que en España.

ああ、日本の小学校も6年なのね。スペインと同じだわ。

Yurika: Por cierto, ¿a qué edad empieza el colegio en España?

ところで、スペインでは何才から学校に行くの?

María: En septiembre del año en el que se cumplen 6 años.

6才になる年の9月からよ。

Así, cuando empieza el curso algunos alumnos ya tienen 6 años, y otros todavía tienen 5.

だから小学校が始まる時は、もう6才の子もいるし、まだ5才の子もいるのよ。

Yurika: Entonces, casi medio año de adelanto con respecto a Japón… entiendo.

それじゃあ、日本より半年早く学齢が上がるということね…なるほど。

María: Aún así, muchos colegios tienen clases de educación infantil, que empiezan en septiembre del año en el que se cumplen 3 años.

そうはいっても、多くの小学校に幼児教育学年が併設されているのよ。幼児クラスは3才になる年の9月から始まるの。

Eso no es obrigatorio, pero es gratis también.

義務教育じゃないけれど、幼児教育も無料で通えるのよ。

Yurika: O sea, antes de la escuela primaria se puede ir al cole por 3 años gratis. Qué guay.

つまり、小学校に入る前に3年間、無料で幼稚園に行けるのね。素晴らしいじゃない。

María: Luego, la escuela secundaria empieza en el año en el que se cumplen 12, son 4 años.

あと、中学校は12才になる年の9月から始まるわよ。4年間あるの。

La primaria y secundaria, en total 10 años, son obrigatorias.

小学校と中学校合わせて10年間が義務教育よ。

Yurika: Es distinto que en Japón. En Japón la educación obrigatoria son 9 años.

それは日本と違うのね。日本は義務教育は9年間よ。

María: Pero el instituto en España es de sólo 2 años. Así, en total, equivale al sistema de Japón.

でも、スペインの高校は二年しかないのよ。だから教育システムの合計年数は同じよね。

この一言で壁を超える

mochilas con ruedas

タイヤ付きリュック

スペインの小学生は、タイヤが付きのカバンを引きずって登校します。これが日本のランドセルに当たるもの。

色の統一もなく、アニメのキャラクターや子供向けのイラストなど、ほほえましいデザインが施されています。

登下校時間にあたる9時・午後2時前後には、カバンを引きずって石畳を歩く騒音が響きます。

instituto

高等学校

卒業後に「PAUPrueba de Acceso a la Universidad=全国統一大学入学選考試験)」に進む「BACHILLERATO」と、大学進学を希望しない「FORMACION PROFESIONAL」の2種類があります。

後者は専門学校的なもの。職業に直結する技術を学ぶことができます。

★つ・ぶ・や・き★

スペインは幼稚園から無料!そして日本ほど定期試験も厳しくないようです。

とはいえ、それはあくまで公立校のお話。都市部では公立校よりも私立の方が多く、地理条件でやむを得ず私立に通うケースもあるようです。

私立校では制服、校則、月謝や寄付、ハイレベルなカリキュラムが待っています。

キリスト教教育が厳しいミッションスクール、女子校、特定の教育メソッド…。懐具合と相談しつつ、ご家庭の教育方針にかなった学校を選ぶのも良いでしょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP