スペインの日常生活

果物のスペイン語

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【果物】です。

リンゴ、バナナ、ミカン…果物には様々な種類がありますが、スペイン語で何と言うかご存知ですか?

スペインの果物事情とともに、果物にまつわるボキャブラリーを勉強していきましょう!

果物の安いスペイン

Juan : En España tenemos una gran variedad de frutas todo el año.

スペインには、一年中さまざまな種類の果物があるよ。

Taro : En comparación con mi país, son más baratas en general.

日本と比べると、こっちの果物のほうが大体安いんだ。

Es increíble que se pueda comprar un kilo de manzanas por sólo 1,50€.

りんご1キロが1ユーロ50セント(2016年10月のレートで約170円)で買えるなんて、驚きだよ。

Juan : Eso es porque se producen aquí.

それは、この国で栽培しているからさ。

España es uno de los mayores productores de frutas de la Unión Europea. Allí la mayoría se importa, ¿no?

スペインは、EUの中でも屈指の果物の生産国なんだ。日本は、大半を輸入しているんだろう?

スペインの果物事情

スペイン人は、果物をよく食べます。統計では、スペインが世界で2番目に野菜と果物を消費している国だと言われています。

ランチやディナーのあとのデザートとして、果物がレストランで提供されることも多く、カフェではその場で絞ってくれるオレンジジュースが飲めます。

日本と比べて、スーパーや八百屋では果物は安く販売されており、リンゴが1個あたり日本円にして30円~40円ほどで売られています。

果物のスペイン語

リンゴ

上の会話でも出てきましたが、スペイン語では女性名詞で”manzana”と言います。

una manzana”と言うと通常はリンゴ丸々1個を指すので、カットした後の「一切れ」は”un trozo de manzana”と表現します。

日本で人気の「ふじ」リンゴもスペインのスーパーで売られており、”Manzana Fuji”と言う名で店頭に並んでいます。

オレンジ

女性名詞で”naranja”と言います。「オレンジ色」という名詞・形容詞も同様に”naranja”です。

ちなみに、ミカンは”mandarina”と言います。

バナナ

スペインでは、日本語の「バナナ」に対して”plátano”と”banana”の2種類の単語があります。

少しややこしいのですが、この2つに品種の違いはなく、その区別は生産地の気候によってなされています。

plátano”はスペインの特にカナリア諸島で生産されることが多く、”banana”は外国産のものが多くなっています。

【見分けるのはむずかしい?】

特徴としては、”plátano”のほうが”banana”よりも小さく、甘みがあると言われています。(お値段も”plátano”のほうが少し高いです)

外見はそっくりなので、この2つを見分けることはかなり難しいでしょう。

ちなみに、スペインのスーパーでは果物は量り売りで売られているので、バナナを1本から買うことができます。

旅行の際は、”plátano”と”banana”を食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?スペインの果物事情とボキャブラリーでした。毎日少しずつ勉強して、語彙を増やしていきましょう!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP