スペイン語講座

スペイン語de挨拶「こんにちは・おはよう」

¡Hola todos!(みなさん、こんにちは!)今日はスペイン語の基本である「あいさつ」をご紹介します。

コミュニケーションをとる際に必須のあいさつ表現、みなさんはご存知でしょうか?笑顔で言えるよう、何度も声に出して繰り返し練習してみましょう!

スペイン語の挨拶「こんにちは・おはよう」

おはよう

一日を始めるあいさつ「おはようございます」は、”Buenos días”といいます。

単数形で”Buen día”という場合も。このあいさつは、昼食の時間くらいまで使われます。ちなみに、スペインの昼食の時間は日本にくらべて遅く、午後2時くらいなので注意してくださいね!

こんにちは

昼食の時間を過ぎたら、「こんにちは」”Buenas tardes”といいます。

上でとりあげた「おはよう」の”días”は男性名詞でしたが、 ”tarde”は女性名詞のため ”buenos”は ”buenas”にかわります。

もう少しくだけた言い方で、”Buenas”のみであいさつすることもできます。

こんばんは・おやすみ

日本語では「こんばんは」と「おやすみ」は別ですが、スペイン語では一つの表現、”Buenas noches”です。夜間に人に会ったときや、寝る前に使いましょう。

やあ!

「おはよう」・「こんにちは」・「こんばんは」、どの時間にも使える万能のフレーズ、 ”Hola”。

友達や家族の間などで気軽に使うことができます。お店やバルに入るときも、 ”¡Hola!”と笑顔で店の人にあいさつしましょう。

ありがとう

「ありがとう」は、”Gracias”といいます。

ci”の部分は、スペインでは主に英語の【th】と同じで舌を挟んで発音しますが、南米では日本語の「シ」のように発音します。

地域によって発音が違う点も、スペイン語の面白さの1つですね。

どういたしまして

Gracias”と言われたら、 ”De nada”と返しましょう。

Gracias”といわれて「こちらこそ」と返す場合は、 ”a ti(直訳で「あなたへ」という意味)”といいます。買い物をした際、 ”Gracias”というと ”A ti”と返されます。

さようなら

「さようなら」にあたることばは、 ”Adiós”です。

このことばは、映画やドラマなどで聞いたことがある方も多いのでは?

実は ”Adiós”だけでなく、「またね」や「明日ね」など日本語と同じように、スペイン語にも別れの表現はいくつかあり、相手やシチュエーションによって使い分けています。

これについては次回で詳しくとりあげるので、お楽しみに!

おわりに

いかがでしたか?どの言語でも、あいさつは、人と人とのコミュニケーションの一歩です。

気持ちのよいあいさつは、その後の会話をスムーズにします。笑顔で元気よくあいさつができるよう、練習してみましょう!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP