スペイン語講座

驚きを表現するスペイン語の間投詞

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【驚きを表現する間投詞】です。間投詞は、自分の気持ちを伝える上で欠かせない要素です。

びっくりしたとき、スペイン 語ではどんな反応をするのか、ネイティブたちがよく使う表現を勉強していきましょう!

驚きを表現する間投詞

Juan  : ¡Ay!

痛い!

Taro  : ¿Qué pasa, Juan?

フアン、どうしたの?

Juan  : Me he pillado el dedo con la puerta.

ドアに指を挟んじゃったんだ。

Taro  : Está hinchado y rojo. Espera, que ahora te traigo una bolsa de hielo.

腫れて赤くなってるよ。今、氷のうを持ってくるから、待ってて。

¡Ay!

上の会話文でも出てきた表現です。「痛さ」や「悲嘆」を表します。

¡Ay! Se me ha roto el vaso.

ああ!コップが割れちゃった。

¡Dios mío!

直訳すると「私の神様!」となる間投詞で、英語で言う「オーマイゴッド!」と似た表現です。

悲しみや喜びを表します。類似の表現に ”¡Madre mía!” や “¡Dios santo!”、 ”¡Madre de Dios!” など様々なバリエーションがあります。

¡Dios mío, he aprobado el examen!

やった、試験に合格した!

¡Ah!

日本人が使う「ああ」に似ています。悲しみだけでなく、喜びや、納得や了解を表現するときにもよく使われます。

例1

¡Ah! Aquí está el anillo. 

ああ!ここに指輪があった。

例2

¡Ah, ya veo!

ああ、なるほどね!

¡Anda!

「歩く」という意味の動詞 ”andar” から派生した間投詞です。驚きを表すほかにも、人に促すときや懇願するときにも使われます。

例1

¡Anda! Pensaba que estabas en el restaurante. 

なんだ、君はレストランにいるんだと思っていたよ!

例2

¡Anda, vamos!

さあ、行こう!

¡Hombre!

「人間」や「男」という意味の名詞ですが、間投詞的に使われることがあり、「驚き」や「不快感」を表します。

例1

¡Hombre! Yo no sabía nada. 

ええ!僕は何も知らなかったよ。

例2

A: ¿Te vas a casar con ese chico?

その人と結婚するの?

B: ¡No, hombre, no!

いいえ、まさか!

¡Vaya!

「驚き」に加え、「怒り」を伝えたいときにも使われる表現です。

例1

¡Vaya, es un milagro!

おお、奇跡だ!

例2

¡Vaya negocio! 

とんでもない商売だ!

おわりに

いかがでしたか?驚きを表す間投詞でした。間投詞を使いこなせるようになると、まるでネイティブのような自然な会話ができます。

最初は使いづらいかもしれませんが、さまざまなパターンを学習して、実際に使用して慣れていってくださいね!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

最近のスペイン語レッスン






PAGE TOP