コミュニケーション

スペイン語de「ありがとう」感謝の気持ちをスペイン語で表現①

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

ユリカは旅の恩人に手紙を書いていますが…なかなか苦戦しているようです。うまく気持ちを伝えられるのでしょうか…?

感謝を伝える

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

会話

María: ¿Qué estás escribiendo? Parece que te cuesta mucho trabajo…

何を書いているの?なんだか難しそうね…

Yurika: Es una carta para una mujer de Barcelona que me ayudó cuando estuve allí del viaje.

旅行の時に助けてもらった、バルセロナの女の人に書いているの。

Pero escribir una carta de agradecimiento es muy difícil.

でも、感謝の手紙を書くのって、とても難しいのよ。

María: ¿Por qué dices eso? Solo hace falta decir gracias por tal y tal y tal… y ya está. ¿No es así?

なんでそう思うの?単純に、あれやこれやありがとうございました…と書くだけでいいのよ。違うの?

Yurika: Decir solo gracias no es suficiente.

普通にありがとうって言うだけじゃ足りないのよ。

Sin ella no habría podido volver aquí.

彼女がいなかったら、私はここに戻ってこれなかったのよ。

Perdí mi monedero y ella me pagó el billete de autobús.

財布を無くした私に、帰りの長距離バス代を払ってくれたんだから。

María: Qué gran ayuda te ofreció… tienes que darle mil gracias.

すごく助けてもらったのね。大いにお礼を伝えなくちゃ。

Y nunca podrás agradecérselo lo suficiente.

どんなに感謝しても足りないわよ。

Yurika: Claro. Con esta carta voy a devolverle el dinero.

そうなのよ。この手紙と一緒にお金を返すの。

Pero la verdad, es muy difícil expresar agradecimiento en un papel.

でも本当に、紙面だけで感謝を伝えるのって難しいわよ。

María: Hablando cara a cara se puede expresar más con los gestos y los ojos, pero con el bolígrafo es más dificil.

顔を見て言うのなら、身振りとか目線を使って表現できるけど、ボールペンだけだと難しいわよね。

Yurika: Se lo agradezco tanto… para expresar mi agradecimiento algún día quiero hacer algo maravilloso para ella.

こんなに感謝しているのに…いつかこの気持ちを十分表現できるような、すばらしいお礼がしたいわ。

María: Bueno… por ahora, escribe todo lo que me has dicho sobre ella.

そうよね…まあ今のところは、今私とその人についてしゃべったことを、そのまま書けばいいわよ。

Yurika: Vale. Tengo que ser lo más elocuente posible. A ver… ¿Cómo empiezo?

そうね。できるだけ伝えなくちゃ。ええと…どうに書き始めようかしらね。

María: Teníamos que haber grabado nuestra conversación, ja ja ja.

私たちの会話を録音しておけばよかったわ、ハハハ。

Yurika: Gracias por ayudarme de nuevo. Como siempre, te lo agradezco mucho.

いつも助けてくれてありがとう。あなたにいつだって感謝しているのよ。

この一言で壁を超える

感謝の表現①

Te lo agradezco mucho.:あなたにとても感謝しています。

「ありがとう」は「gracias」、「どうもありがとうございます」なら「Muchas gracias」、さらに強くお礼を言いたければ「Muchisimas gracias」などなど…。

gracias」の表現には、もう慣れてきましたか?

ありがたくてついつい「gracias」を連呼してしまうこともありますね。「Te lo agradezco mucho.」という表現もぜひ混ぜてみましょう。

色々な語句を使って一つの気持ちを伝えると、会話がイキイキとします。

感謝の表現②

Gracias por ~:~してくれて、ありがとう

単に「gracias」と言い切ってしまうより、もう少し味わいのある言い方にチャレンジしましょう。

具体的に何について感謝しているのかを伝える時は、前置詞「por」を使います。「gracias por tu ayuda(助けてくれてありがとう)」「gracias por animarme(励ましてくれてありがとう)」など。

言われたほうも、自分の善意が相手に届いた感触を得ることができ、一瞬にして人間関係がなごみますね。

つ・ぶ・や・き

同じ表現を連呼するよりも、色々な表現のバリエーションをつけることが、気持ちを伝えるコツ。

とはいえ、気持ちが先走ってしまい、スマートな文が思い浮かばないこともありますね。

とりわけ感情・感動を伝える時は、ついつい慣れ親しんだ表現を連呼してしまうものです。

でも大切なのは「伝えたい」という気持ち。不器用でもいい、言った者勝ちです!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP