スペイン語講座

スペイン語でニュース・実践編

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回もテーマは【ニュース】、前回はスペイン語でニュースを読む際のヒントをご紹介しました。

今回は【実践編】、実際にスペインのニュースを読んでみましょう。

新聞を読むコツ

下の文章は、2015年12月31日付のスペインの新聞 “EL PAÍS” の記事の一部抜粋です。

スペイン語のニュース

Una patata para hacer un cultivo en Marte

La patata fue domesticada hace unos 3.800 años, a lo largo de la ribera del lago Titicaca, entre Perú y Bolivia, y desde allí, tras la llegada de los europeos a América hace 500 años, llegó al resto del planeta.

Ahora, cuando la patata es el cuarto cultivo para la alimentación del mundo, también desde Perú, se ha lanzado un proyecto para llevar el tubérculo al espacio exterior.

El Centro Internacional de la Papa (CIP), en Lima, en colaboración con la NASA, quiere recrear las condiciones de Marte para desarrollar la tecnología necesaria con la que cultivar patatas para alimentar a los futuros astronautas.

(31 DIC 2015 – 21:01 CET, “EL PAÍS”)

日本語訳

火星でジャガイモ耕作

ジャガイモの耕作が始まったのは約3800年前、ペルーとボリビアの間にあるチチカカ湖流域だった。

そこから、500年前のヨーロッパ人のアメリカ大陸到達を経て、ほかの土地にも広まっていった。

現在、ジャガイモは世界の食糧で4番目に多い作物だが、同じペルーで、ジャガイモの塊茎を宇宙へ運ぶプロジェクトが開始された。

リマにある国際ジャガイモセンター(CIP)は、NASAとの協力の下、将来の宇宙飛行士の食糧となるジャガイモ耕作に必要な技術を発達させるため、火星の環境を再構築する取り組みを行っている。

(2015年12月31日21:01-ヨーロッパ中央時間、“EL PAÍS”)

タイトルに注目!

ニュースの内容を端的に表しているタイトル。ニュースを読む前に、タイトルの意味をきちんと理解しておくと、内容の理解が進みます。

またタイトルを見て、自分の読みたいニュースや比較的やさしいニュースを選ぶことができます。

接続詞に注意!

長い文章が続いて難しそうに見えるニュース。読むためのヒントは「接続詞」です。

cuando(~とき)” や ”Sin embargo(しかし)”、 ”aunque(~ても)” などの接続詞に注意しながら、文章のつながりとつながりを意識していくとわかりやすくなります。

Aunque duerman 12 horas al día, siempre se despiertan cansados.

1日に12時間寝ても、いつも起きたときに疲労を感じる。

受身をマスター

硬い表現なので、会話ではあまり使われることのない受身形 ”ser動詞+過去分詞”。 ニュースではよく使われます。

上にある記事でも ”La patata fue domesticada...” と、 1行目から早速登場していますね。あまり使うことのない文型ですが、練習して身につけましょう。

El accidente del avión fue causado por una bomba.

飛行機事故は、爆弾によって引き起こされた。

おわりに

いかがでしたか?毎日ニュースを読む習慣を身につけて、すらすら読めるように練習しましょう!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP