スペイングルメ・食文化

スペインでレストランを予約②

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

炎天下のトレドに週末旅行中のユリカとマリア。レストランもしっかり予約して、いざ昼食へ…ところが、思わぬ事態が発生したようです。

予約間違いを防ぐ方法

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

会話

Yurika: Hola, soy Yurika Ono. Tengo una reserva para dos personas a las doce.

こんにちは、オノ・ユリカと申します。2名で12時から予約している者です。

Camarero: Yurika Ono… Pues, hoy no tenemos ninguna reserva a ese nombre.

オノ・ユリカさんですね。ええと…今日のご予約はいただいていないですよ。

¿Usted está segura de que ha reservado aquí?

当店で予約されているというのは、お間違い無いですか?

Yurika: ¿Cómo? He reservado por correo electrónico, y aquí tengo su respuesta de confirmación imprimida.

なんですって?メールで予約して、ここに確認のお返事のコピーもありますよ。

Camarero: Bueno… el restaurante es éste, a partir de las doce para almorzar.

ええと、レストランの名前もここだし、12時からのランチですね。

Pero la fecha no es para hoy. Hoy es 30 de julio.

でも、日程が今日ではないですよ。今日は7月30日です。

Yurika: ¿Cómo que 30? Hoy es sábado 25 de julio.

何が30日よ?今日は7月25日の土曜日よ。

Compruebe de nuevo la lista de reservas para hoy.

今日の日付の予約リストを確認してください。

Camarero: Ah, lo siento muchísimo, yo me he equivocado de fecha.

ああ、大変失礼しました。日付を勘違いしていました。

Hoy es 25, y… claro. Efectivamente ustedes tienen una reserva.

今日は25日で…間違いありません、確かにご予約いただいています。

Yurika: Por fin podemos entrar al restaurante. Qué susto.

やっとお店には入れるわ。ああ、びっくりした。

María: ¿Ves? Imprimir el mensaje de confirmación es útil por si hay problemas.

ほらね?確認のメールをプリントしておくと、何かあった時に便利でしょう?

Yurika: Muchas gracias por tu consejo. Sin ti no podría disfrutar tanto del viaje.

いいアドバイスをありがとう。あなたが一緒じゃなかったら、こんなに旅を楽しめなかったわ。

María: ¿Pero cómo puede confundir el día 25 con el 30?

それにしても、どうして25日と30日を間違えるのよ。

Un sábado y un jueves. No tienen nada que ver.

土曜日と木曜日よ。全然関係ないじゃない。

Yurika: Con este calor se confunde cualquier cosa.

この暑さじゃ、なんだってわからなくなるわよ。

Camarero ウエイター

この一言で壁を超える

¿Cómo que …?

何が…よ?

納得できない一言に対して、「何が~よ!」と言い返す時に使います。あまり乱用するのもよくありませんが、予約が間違えられているときなどは、しっかりと自己主張する必要があります。

不利をこうむらないように、毅然とした態度で「¿Cómo que …? 」と返しましょう。

Qué susto

ああびっくりした

本当にびっくりした時には、とっさに言葉も出ないものですが…何はともあれ、危機を切り抜けた時に黙っているのも不自然です。

つ・ぶ・や・き

予約したはずが、予約が取れていない!?こんなハプニングが、スペインのレストランでは時々あります。

日付の勘違い、似た名前のレストランとの混乱、店員の引継ぎミスなどなど、原因は様々です。

時には、日本人の名前がスペイン人には耳慣れないため、まったく違う名前で予約されていることも…

インターネットで予約を押さえた場合は、確認のページのコピーを取っておくのがお勧めです。

予期せぬ事態に遭遇しても、まずは落ち着いてしっかり自己主張!ハプニングを旅の思い出に変えましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP