独学で、スペイン語を学ぶ人へ、役立つスペイン語を提供するニュースサイト

スペイン語の使い方あれこれ

スペイン語には、一つの単語でも様々な意味をもっている単語があります。その中には、元の意味から派生した面白い意味をもつものも。

今回は、そんな隠れた単語の使い方をご紹介します。新しい意味を発見できるかも知れませんよ。

スペイン語単語の隠れた意味

オレンジの半分

まず、意味を推測しながら会話を読んでみましょう。

Juan: María es mayor ya pero no está casada.

マリアはもういい歳だけど、未婚だね。

Taro : Todavía está buscando a su media naranja.

まだ自分にぴったりの理想の伴侶を探しているのさ。

naranja”は果物の「オレンジ」、”medio/a”は「半分の」という意味の形容詞です。

「自分にぴったりの、理想的な伴侶」のことを、スペイン語では”media naranja”といいます。

直訳すると「オレンジの半分」となりますが、「二人で一つ」という意味を暗示する素敵な響きのことばですね。

生地・クッキー

Juan: ¡Qué reloj más bonito! Te costaría una pasta.

かっこいい時計!高かっただろうね。

Taro : La verdad es que no costó tanto.

実は、そんなでもなかったよ。

pasta”は、「生地」や「クッキー」という意味がありますが、ここでは「大金」という意味で使われています。

costar una pasta”で「高価だ」ということ。話し言葉でよく使われる表現です。

きれい

Juan: ¿Qué más tenemos que comprar?

あと何を買わなくちゃいけないんだっけ?

Taro : Bonita para hacer sandwichs.

サンドイッチ用のツナだよ。

「きれいだ」という意味の形容詞 ”bonito/a”、名詞では何を意味するか知っていましたか?

実は名詞として、「カツオ、マグロ、ツナ」を指すことばとして使われることがあるのです。

Juan: Dicen que ese político aceptó soborno.

あの政治家、収賄したらしいね。

Taro : ¿Otra vez? -¡Es un bicho raro!

また?ひどいやつだな!

「虫」という意味の名詞”bicho”。人に使われることもあり、「悪いやつ」という意味になります。”bicho raro”という表現でよく使われます。

Bicho malo nunca muere(悪いやつは死なない=憎まれっ子世にはばかる)”ということわざもあります。

おわりに

いかがでしたか?以上に挙げた単語で知っているものはありましたか?

すでに学習して知っている単語でも、「あれ、こんな意味があったのか!」と発見をすることは面白いことです。

単語の使い方に敏感になって、ボキャブラリーをどんどん増やしていきましょう!

関連記事