独学で、スペイン語を学ぶ人へ、役立つスペイン語を提供するニュースサイト

スペイン料理のレシピ メイン編

家庭でも手軽にスペイン料理を作ってみよう!
今回はメイン料理のレシピを紹介しています。

1.『焼き料理・蒸し料理~鶏肉のチリンドロン煮~』 

メイン料理といっても、いろんなジャンルがあります。
まずは、「焼き料理」「蒸し料理」のレシピから紹介しましょう。

最初に紹介するレシピは、鶏肉を使います。
”チリンドロン”とは、スペインのトランプ遊びのこと。
アラゴン地方の郷土料理でもあります。

【材料】
骨付き鶏もも(ぶつ切り) 350g
玉ねぎ 1個
ピーマン(赤・黄・緑) 各1個
ロースハム 1パック
マッシュルーム 1パック
トマト水煮 200g
オリーブ 5個
にんにく 2片
オリーブオイル 大さじ2
水 1カップ
塩 小さじ1/2~
こしょう 少々
ローリエ 1枚

【作り方】
1.鶏肉は余分な脂を取り、塩こしょうします。
2.玉ねぎは荒みじん切りし、ピーマン、ロースハムは短冊切りに、マッシュルームは薄切り、オリーブは輪切り、にんにくはみじん切りにします。
3.フライパンにオリーブオイルを熱し、1を焼いて取り出します。
4.フライパンに残りのオリーブオイルを足し、玉ねぎ、野菜、ハムの順に炒めます。
5.鍋に3と4、崩したトマト水煮、オリーブ、塩、水、ローリエを入れ30~40分煮込みます。
6.塩こしょうで調味したら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

 

2.『焼き料理・蒸し料理~牛肉のシェリー煮込み~』 

続いては、牛肉とシェリー酒を使った煮込み料理の紹介です。
シェリー酒の爽やかな香りが絶品です。

材料】
牛すね肉 250g
玉ねぎ 1個
トマト 1個
オリーブオイル 大さじ2
ドライシェリー 1カップ
にんにく 1片
塩、こしょう 適量
ローリエ 1枚
水 適量

【作り方】
1.すね肉は大きめのひと口大に切り、塩こしょうし、薄切りにんにくとオリーブオイルで炒めます。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、薄切り玉ねぎを炒めます。
3.トマトの角切りを入れ炒め、塩こしょうします。
4.鍋に炒めた牛肉、玉ねぎ、トマト、シェリー、ローリエを入れ、煮汁がなくなったら水を足し、1~3時間煮込みます。
5.塩こしょうで調味したら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あーの 気ままな食卓)

※シェリー酒は、ティオペペなどを使いましょう。
※シャリー酒の代わりに赤・白ワインを使ってもGOOD。

3.『焼き料理・蒸し料理~牛肉の赤ワイン煮~』

続いても、牛肉を使ったレシピを紹介します。

今回使うお酒は、「赤ワイン」
スペインもフランス同様赤ワインの産地ですから、赤ワインを使った料理がたくさんあります。
今回、牛肉と煮込んで大人のメイン料理を作ってみましょう。

【材料】
牛肉(シチュー用) 150g
玉ねぎ 1個
にんじん 1/2本
にんにく(粗みじん切り) 1片
オリーブオイル 大さじ2

赤ワイン 1カップ
塩、黒こしょう 少々
しょう油 小さじ1
ローリエ 1枚

【作り方】
1.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、肉の表面に焼き色がついたら、塩こしょうし取り出します。
2.オリーブオイルを足し、粗く切った玉ねぎを炒め、輪切りにんじんも加え炒めます。
3.圧力鍋に1と2、赤ワイン、ローリエを入れ、塩こしょうをし30分加熱します。
4.煮詰まり具合を見ながら、しょう油を入れ調味します。
5.皿に盛り、ローズマリーを添えたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

4.『焼き料理・蒸し料理~鶏肉のアーモンドソース煮~』 

続いては、鶏肉とアーモンドを使った煮物の紹介です。
スペイン料理ではアーモンドや松の実などよく使われ、欠かせない食材なんですよ。
ナッツ類は香りも良くなりますし、スペイン料理を作るなら必見です。

【材料】
鶏手羽元 6本
玉ねぎ 1個
オリーブオイル 大さじ3
にんにく 1片
アーモンドスライス 20g
パセリ 1枝
コンソメ顆粒 小さじ1
サフラン ひとつまみ
塩、こしょう 適量
ローレル 1枚
白ワイン 1/2カップ
水 適量

【作り方】
1.鶏は塩こしょうしておきます。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくをまるごと炒め取り出し、1を炒めます。
3.焼き色がついたら取り出し、鍋に移し白ワイン、水、コンソメ、ローレルを入れ煮ます。
4.鶏を取り出し、フライパンで薄切り玉ねぎを10分炒めます。
5.3に加え1時間煮込み、煮汁が少なくなったら水を足します。
6.すり鉢で2、パセリ、アーモンドをすり潰し、鍋に入れます。
7.サフランをすり潰し、湯、塩ひとつまみで鍋に入れます。
8.20分煮込み、ソース状になったら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

IMGP25511

5.『焼き料理・蒸し料理~スペイン風松の実入り肉だんご~』

最後に紹介する焼き・蒸し料理は、「肉団子」です。
スペイン風ということで、スペイン料理で頻繁に使われる“松の実”を使って作ります。

【材料】
牛ひき肉 150g
溶き卵 1/2個分
食パン(白い部分) 1/4枚
牛乳 大さじ1
にんにく 1片
パセリ 2枝
松の実 大さじ1
塩、ナツメグ 少々
パン粉 適量
揚げ油 適量


玉ねぎ 1個
にんにく 1片
トマト 中1/2個
オリーブオイル 大さじ3
白ワイン 大さじ1
パセリ 1枝
コンソメブイヨン 1カップ
塩 少々

【作り方】
1.Aを調理し、ソースにします。
2.ボウルに牛ひき肉、溶き卵、牛乳に浸したパン、みじん切りパセリとにんにく、軽くすり潰した松の実、塩、ナツメグを加えこねます。
3.10等分にし丸め、パン粉をつけて揚げます。
4.1の中に3を入れ、パセリのみじん切りも入れます。
5.煮詰め、調味したら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

6.『魚介類を使ったスペイン料理①』

続いては、魚介類を使ったメイン料理のレシピを紹介します。
スペインにもたくさんの魚介料理がありますから、ぜひ作ってみて下さいね。

ではまず、最初に紹介するレシピはこちら。
タコとじゃがいもを使った煮物です。

◆タコとじゃがいものパプリカ煮

材料
ゆでダコ 200g
玉ねぎ 1個
じゃがいも 3個
パプリカ(赤) 1個
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 2片

水 400ml
白ワイン 大さじ2
塩 小さじ1/2
ローリエ 1枚
こしょう 少々

作り方
1.タコはぶつ切りにし、玉ねぎは薄切り、パプリカは1cm幅に切ります。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにんにく、1を炒め、塩こしょうします。
3.鍋に2を入れ、白ワイン、ローリエを入れ30~40分タコが柔らかくなるまで煮ます。
4.水がなくなったら足し、乱切りじゃがいもを加えさらに30~40分煮込んで完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

7.『魚介類を使ったスペイン料理②』 

続いて紹介する魚介類料理は、あさりを使います。
ワイン蒸しはいろんな国の料理がありますが、スペイン風はパン粉や小麦粉を入れて作ります。
少しとろみがあるのが、スペイン風ワイン蒸しなのです。

◆あさりのワイン蒸し

材料
あさり 300~400g
玉ねぎ 1/4個
にんにく 1片

オリーブオイル 大さじ1
白ワイン 大さじ2
パン粉 大さじ1
水 ~50ml
塩、こしょう 少々
パセリ 少々
レモン 1/8個

作り方
1.あさりは砂出しし、よく洗って調理30分前にザルに上げます。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切り玉ねぎとにんにくを炒めます。
3.しんなりしたらあさり、白ワインを入れ、蓋をし蒸し焼きします。
4.あさりの口が開いたら取り出し、パン粉を入れ塩こしょうします。
5.4の状況により水を足します。
6.あさりを鍋に戻し、パセリのみじん切りを絡めたら、皿に盛ってレモンを添えて完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

8.『魚介類を使ったスペイン料理③』

最後に紹介する魚介類料理は、“イワシ”を使います。
スペインでは、イワシを使った料理は定番中の定番です。
ですから、今回紹介するレシピ以外にも、いろんなイワシ料理があるんですよ。

今回は、煮込み料理を紹介します。

◆小いわしの煮込み

材料
小いわし 250g
じゃがいも 1個
トマト 1個
ピーマン 1個
玉ねぎ 1/2個

にんにく 1片
ローレル 1枚

パセリ 1枝
サフラン 少々
パプリカ 小さじ1/3
こしょう 少々
塩 少々

水 50ml
白ワイン 50ml
オリーブオイル 大さじ3

作り方
1.厚手の鍋に薄切り玉ねぎを敷き、厚さ1cmのじゃがいもを並べ、みじん切りにんにくとローリエを入れます。
2.上に薄切りトマト、ピーマン、頭と内臓を除いたイワシを並べます。
3.塩こしょう、パプリカ、みじん切りパセリ、すり潰したサフランをまぶします。
4.水、白ワイン、オリーブオイルを振り入れ、蓋をし20~30分煮込みます。
5.みじん切りパセリを散らしたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

9.『揚げ料理~たらのコロッケ~』

続いては、スペインの揚げもの料理の紹介です。
ワインのおつまみにも合う料理もあるので、パーティーの席にもおすすめです。

ではまず、鱈を使ったコロッケのレシピを紹介しましょう。

○材料
じゃがいも 200g
生たら 1切れ
玉ねぎ 1/3個

卵 1個
牛乳 大さじ3

塩、こしょう 少々
オリーブオイル 小さじ1

小麦粉 適量
細目パン粉 適量
揚げ油 適量

○作り方
1.フライパンにオリーブオイルを入れ、生たらをほぐしながら炒めます。
2.みじん切りの玉ねぎを加え、塩こしょうします。
3.じゃがいもを茹でて潰し、鍋を火にかけたまま卵黄と牛乳を加え、もったりとするまで練ります。
4.1と2を混ぜ合わせ、俵型にします。
5.小麦粉、牛乳を入れた卵白、パン粉の順にまぶし、中温の油で揚げたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※コロッケは材料を混ぜて揚げるだけなので、とっても簡単です。

recipe18a

10.『揚げ料理~フラメンキン~』 

続いて紹介する揚げ料理は、「フラメンキン」と言って、アンダルシア地方のコルドバ料理です。
日本でいうところのロースカツですね。
具だくさんで、お酒との相性も抜群です。

○材料
豚薄切り肉 180g
塩、こしょう 少々


にんにく 1片
パセリ 1枝
オリーブオイル 大さじ1弱


ゆで卵 1個
生ハム 2枚


小麦粉 適量
卵 1個
パン粉 適量
揚げ油 適量

○作り方
1.にんにくのすりおろしとみじん切りパセリにオリーブオイルを加えます。
2.豚肉を重ねるようにして広げ、塩こしょうし、1を塗ります。
3.その上に生ハム、細切りゆで卵をのせて巻きます。
4.小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をつけて揚げたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※今回は豚肉を使っていますが、牛肉や鶏肉でもOKです。
※生ハムは「ハモン・セラーノ」だと尚GOOD。

11.『揚げ料理~エンパナディージャ~』 

続いては、「エンパナディージャ」と言って、揚げパイの紹介です。
見た目は揚げ餃子にそっくりで、お酒のおつまみにも最適です。
中にはいろんな具材が入り、食感も楽しめる一品です。

○材料
強力粉 50g
薄力粉 50g
オリーブオイル 大さじ1
湯(40度程度) 50ml


ツナ缶 1缶
ゆで卵 2個
ケチャップ 大さじ2
塩、こしょう 少々

打ち粉(強力粉) 適量
揚げ油 適量

○作り方
1.ボウルに強力粉、薄力粉、オリーブオイル、湯を入れまとめ、ラップをし冷蔵庫で30分休ませます。
2.1を12~16等分し丸め、麺棒で伸ばし皮にします。
3.ツナ缶の油を切り、ゆで卵はみじん切りに、ケチャップと混ぜ塩こしょうします。
4.皮の中央に3を入れ、半分に折って端をフォークで押さえます。
5.180度の油で皮がきつね色になるまで揚げたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

12.『揚げ料理~たらのブニュエロ~』 

最後に紹介する揚げ料理は、またも「鱈」を使います。
スペインでは鱈料理が多く、さまざまなレシピがあります。
今回紹介する鱈料理は、ワインやビールなどのつまみにも最適です。

○材料
生たら 1切れ
白ワイン 大さじ1

じゃがいも 2個
にんにく 1/2個
卵 1個
薄力粉 大さじ1
塩、こしょう 少々
刻みパセリ 大さじ1

揚げ油

○作り方
1.鱈は塩こしょうし、白ワインを振りかけレンジで蒸します。
2.皮と骨を取り、身をほぐしておきましょう。
3.じゃがいもとにんにくを茹でて潰し、鱈の身を混ぜ、黄味、薄力粉、刻みパセリを入れ、塩で調味します。
4.泡立てた卵白を混ぜ合わせ、スプーンですくって中温で揚げたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※卵白が入ると、ふわっとした食感になります。
※シンプルですが、一度食べたら癖になる一品です。

13.『炒めもの・焼きもの~マッシュルームの陶板焼き~』 

続いては、スペインの「炒めもの料理」「焼きもの料理」のレシピを紹介します。
まずは、マッシュルームを使って作りましょう。
とっても簡単に作れるので、初心者の方でも安心して作れます。

◆材料
マッシュルーム 1パック
にんにく 3片
パセリ 少々
塩、こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ3~

◆作り方
1.マッシュルームの軸は取り除きます、
2.パセリ、にんにくはみじん切りにし、1に詰めます。
3.フライパンにオリーブオイルをひき、2にもオリーブオイルを振りかけ、塩こしょうし蒸し焼きにします。
4.耐熱皿に移し、オーブンまたは魚焼きグリルで焦げ目をつけて完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※プラス、生ハムやチョリンなどでも美味しく仕上がります。
※ぷりぷりのマッシュルームが、一度食べたら癖になる一品です。
※しょう油をかけて食べると、より日本人好みに。

14.『炒めもの・焼きもの~たらのバスク風~』 

続いては、スペインでは定番の“鱈”を使った「炒めもの」「焼きもの」の紹介です。
バスク風ということで、バスク地方の特徴を生かした料理になります。
あさりを使うので、ダシがより旨味を出してくれるでしょう。

◆材料
生たら 2切れ
あさり 8~12個
ホワイトアスパラ水煮 6本
白ワイン 50ml
にんにく 1片
小麦粉 大さじ1
塩、こしょう 少々
しょう油 小さじ1
刻みパセリ 少々
オリーブオイル 大さじ2

◆作り方
1.鱈は適当に切り、軽く塩こしょうします。
2.アスパラは半分に切ります。
3.フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを炒め、小麦粉をまぶした1を入れ、両面焼きます。
4.あさり、アスパラ、白ワインを入れ蒸し焼きにします。
5.しょう油で味を整え、パセリを振って完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※しょう油は、入れなくてもOKです。

07083

15.『炒めもの・焼きもの~そら豆とほたてのソテー~』 

最後に紹介するレシピは、そら豆とホタテを使います。
シンプルですが、白ワインにとっても合う一品です。
生ハムを使うので、シンプルながらもゴージャスに。

◆材料
そら豆 200g
ホタテ 3個
生ハム 10g
オリーブオイル 大さじ2
塩、こしょう 少々

◆作り方
1.そら豆は塩茹でし、皮をむきます。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りの生ハムを炒め、1を入れます。
3.そら豆にオイルがまわったら、塩こしょうし器に取ります。
4.残ったオリーブオイルを入れ、半分に切ったホタテを焼き、塩こしょうします。
5.4をそら豆の上にのせ、オイルもかけたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※そら豆は、冷凍のものを使ってもOKです。
※生ハムの代用として、ベーコンを使っても良いですよ。
※アレンジすることでオリジナルの美味しさになります。

16.『ごはん・パン・パスタ~えび雑炊~』

続いては、「ごはん」「パン」「パスタ」のスペイン料理の紹介です。
まずは、「ごはん」から、“えび雑炊”のレシピを紹介しましょう。

◆材料
有頭えび 5尾
あさり 1パック
シロシメジ 1/4株
トマト 1/2個
ピーマン 1個
玉ねぎ 1/2個
にんにく 2片
米 1合
水 3カップ

オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 1/4カップ
コンソメ顆粒 小さじ2
塩、こしょう 少々

◆作り方
1.にんにくはみじん切りに、他の野菜も細かく切ります。
2.海老は皮をむき食べやすい大きさに、頭はヒゲと足を切ります。
3.土鍋にオリーブオイルを入れ、にんにく、焼際、魚介類の順に炒めます。
4.白ワイン、米、コンソメ顆粒、水を加え時々混ぜながら弱火で20分煮込みます。
5.塩こしょうをしたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※米は洗わず使うので、苦手な方は無洗米を使いましょう。

17.『ごはん・パン・パスタ~ミガス~』

続いては、「ミガス」と言って、パンを使ったスペイン料理です。
スペインでは、残ったパンを使って、この料理を作ります。
お酒のおつまみにはもちろんのこと、一品追加にもおすすめ。

◆材料
バケット 10cm程度
玉ねぎ 1/4個
赤・緑ピーマン 各1/2個
ソーセージ 2~3本
にんにく 1片

オリーブオイル 大さじ2
パプリカ(粉末) 小さじ1
塩、こしょう 少々

卵 1個

◆作り方
1.パンの白い部分を細かく千切ります。
2.にんにく、玉ねぎはみじん切りに、ピーマンとソーセージは1cm角に切ります。
3.フライパンにオリーブオイルをひき、2と1の順に炒めます。
4.パプリカ、塩こしょうで調味し、少量の水を振りかけ炒めます。
5.器に盛り、多めの油で焼いた目玉焼きをのせたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※パンは、食パンを使ってもOKです。

18.『ごはん・パン・パスタ~ミックスパエリャ~』 

最後に紹介するレシピは、スペインと言えば…?
な、「パエリヤ」です。
いろんなパエリアのレシピがありますが、ここでは、魚介類や鶏肉を使ったパエリヤのレシピを紹介したいと思います。

<材料>
殻付き海老 6尾
あさり 12~18個
鶏手羽元 6本
米 1合
水 2カップ

玉ねぎ 1/2個
ベーコン 2枚
ピーマン 2個
レモン 1/2個

サフラン 0.2g
にんにく 3片
オリーブオイル 大さじ3
塩 小さじ1/2
こしょう 少々

<作り方>
1.鶏は余分な脂と皮を除き、海老は殻つきのまま背ワタを取り、あさりは砂抜きします。
2.サフランはすり潰し水を加え、色だしを。
3.フライパンにオリーブオイルを入れ、鶏、海老を炒め塩こしょうします。
4.パエリヤの鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りにんにく、ベーコン、玉ねぎを炒めます。
5.水を加え、塩こしょうし、サフラン水を入れ米を入れます。
6.鶏、海老、あさりを並べ、ピーマンを散らし蓋をし、弱火で炊きます。
7.底がチリチリいったら火を止め、5分蒸らします。
8.レモンを添えたら完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

19.『スペインの定番料理 トルティージャ』

スペイン料理の定番と言えば、「トルティージャ」
トルティージャといってもいろんな食材を使ったいろんなトルティージャがありますが、ここでは「かぼちゃ」を使ったシンプルなトルティージャのレシピを紹介しましょう。

●かぼちゃのトルティージャ

材料
かぼちゃ 400g
卵 3個分
玉ねぎ 100g
塩、こしょう 少々
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ2

アリオリソース

作り方
1.かぼちゃは乱切りにし、塩茹でに。
2.玉ねぎはオリーブオイルで炒め、塩こしょうsます。
3.かぼちゃに1を加え、ザッと混ぜ、溶き卵を入れます。
4.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、香りが出たらにんにくを出し、3を流し入れます。
5.縁が固まってきたら皿を使って反対にし、両面弱火で焼いて完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

※卵液とかぼちゃは混ぜ合わせすぎないよう気をつけましょう。

20.『スペインの定番料理 フィデウア』 

最後に紹介する定番料理は、パスタを使ったパエリアです。
スペインでは、米を使ったパエリアだけでなく、パスタを使ったパエリアも有名です。

ここでは、簡単にできる「フィデウア」のレシピを紹介しましょう。

●パスタパエリア

材料
極細パスタ 120g
にんにく 1片
赤ピーマン 1/2個
シーフードミックス 120g

スープ 2カップ

パプリカ 小さじ1/2
サフラン 少々
オリーブオイル 大さじ3
塩、こしょう 少々
パセリ 少々

作り方
1.フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくを炒めたら、ピーマンとシーフードを炒め取り出します。
2.オリーブオイルを足し、パスタを少し色づくまでしっかり炒めます。
3.シーフードを戻し、パプリカ、サフランを入れ、熱いスープを注ぎ塩こしょうします。
4.パエリア鍋に移し、水分がなくなるまで加熱後、220度オーブンで5分焼きます。
5.パセリのみじん切りを散らして完成です。

(参考サイト:セニョーラ・あ~の 気ままな食卓)

関連記事