スペイン語の”ser・estar”の使い分け

「(女性が)きれいだ」という意味の形容詞“guapa”、”Es guapa.” と“Está guapa.”で少し意味が違うのをご存知でしたか?

スペイン語の形容詞は、動詞”ser”に付くか”estar”に付くかで、意味が変わってくることがあります。

今日は”ser”と”estar”の使い分けを学習しましょう!

ser”と”estar”の基本

まず、“ser”と”estar”がそれぞれ持つ意味を見てみましょう。

ser…備わっている性質、変化しないもの

estar…一時的な状態、変化するもの

ser”は元来の性質を表す時に使用するので、”Es guapa.”といえば、「彼女は(生まれつき、いつも)きれいだ」という意味になります。

それに対して”estar”は、一時的な状態を表すので、“Está guapa”は、「彼女は(おめかしなどをして)きれいだ」という意味なります。

性質を現す”ser”

Juan: No me gusta la verdura.

野菜は好きじゃないんだ。

Taro : ¿Por qué? Es rica.

なんで?おいしいのに。

太郎は、野菜の一般的な「性質」として「野菜はおいしいものだ」といっているので、ここでは”ser”が使われています。

その時の状態を表す”estar”

Juan: ¿Qué tal? ¿Te gusta?

どう?おいしい?

Taro : Sí, la carne está riquísima.

うん、肉が最高だよ!

太郎は、食べている「肉」についてその時の状態を述べているので、ここでは”estar”が使われています。

このように、その時に食べている物に対する感想を述べるときは”estar”が多く使われます。

備わっている性質」を表す”ser

Juan: Mi primo tiene dos años y ya sabe el abecedario.

僕のいとこは2歳でもうABCが分かるんだ。

Taro : ¿Ya? Es muy listo, ¿verdad?

もう?すごく賢いんだね。

形容詞”listo”は、”ser”と共に使われると「賢い」という意味になります。ここでは、「頭がよい」という「備わっている性質」を表しています。

一時的な状態」を指す”estar

次に、”estar”の場合を見てみましょう。

Juan: ¿Estás listo? ¡Vamos!

準備はできた?行こう!

Taro :¿Ya? Espera un momento.

もう?ちょっと待ってよ。

形容詞”listo”は、”estar”と共に使われると「準備ができた」という意味になります。ここでは「準備ができている」という「一時的な状態」を指すため”estar”が使用されています。

listo”の他にも、例えば形容詞”nervioso”は、”ser nervioso”「=(性格が)神経質だ)」と”estar nervioso”「=(今の状態は)イライラしている」のように、”ser”か”estar”どちらと共に使われるかによって意味が変わる単語があります。

おわりに

いかがでしたか?”ser”と”estar”、最初は使い分けるのは難しいですが、色々な例文を見て感覚をつかんでみてくださいね。

関連記事

  1. muy”mucho”スペイン語の意味

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「muyとmuchoの使い分け」。…

  2. 動詞”esperar”を使いこなす

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動詞esperarを使いこなす」。…

  3. 過去未来形

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「過去未来形の用法」。マリアは中…

  4. 命令・依頼の表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「命令・依頼の表現」。夏真っ盛り…

  5. スペイン語の”仮定文”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「仮定・条件を表現する」。春が近…

  6. スペイン語の心の活動

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「心の活動を述べる文型」。心…

  7. 形容詞の位置による意味の違い

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「名詞の“前か後か”で意味が変わる形…

  8. 受動態とスペイン語①

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!バーベキューに招待されたユリカ。お目当ての和食…

PAGE TOP