現地生活・注意点

スペインの郵便局①

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

スペインの郵便局といえば…思い出しただけでもドッと疲れる「無限の待ち時間」。マドリッドの達人は、どうやって対処しているのでしょうか。

スペインの郵便局

会話

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

Yurika: Tengo que ir a la oficina de Correos; solo de pensarlo me duele la barriga.

郵便局に行かなくちゃ。考えただけでもお腹が痛くなるわ。

María: ¿No te gusta Correos? Pues, a mí me encanta pasar horas allí.

郵便局が嫌いなの?まあ、私はあそこで何時間も時間をつぶすのが好きだけどね。

Yurika: ¡Pasar horas! A eso me refiero. ¿Cómo puedes decir que te gusta?

何時間も!まさにそのことよ。どうやったら好きだなんて言えるの?

María: Es que yo siempre que tengo que ir a Correos llevo 2 o 3 revistas nuevas. Y las leo muy tranquilamente.

私はいつも郵便局に行くときに、あたらしい雑誌を2,3冊持っていくのよ。それをゆっくり読みながら待つの。

Yurika: Entiendo… ya vas preparada para pasar mucho tiempo.

なるほど…最初から待つのを覚悟して行くのね。

María: Sentada tranquilamente y disfrutando del aire acondicionado, puedo relajarme y sentir que dejo fuera los problemas cotidianos.

エアコンの効いた場所で落ち着いて座って、日常の雑踏を離れた気分に浸れるのよ。

Yurika: Qué idea tan buena. Es verdad, tengo que intentar disfrutar de las horas de espera.

斬新な発想だわ。その通りよ、待ち時間を楽しまなくちゃ。

María: Para pasar tiempo allí, ni el teléfono móvil ni las tablet son recomendables: se les agota la batería mientras esperas.

あそこで時間をつぶすには、スマートフォンやタブレットは良くないわよ。待っている間に充電が足りなくなるからね。

Yurika: Por eso llevas revistas… qué lista eres.

だから雑誌なのね。あなたは賢いわよ。

María: Aunque hay bastante ventanillas de atención, solo una o dos están abiertas; además van muy lentas, los números de la cola parece que nunca se mueven.

窓口がたくさんあっても、稼働しているのは一つか二つだけだしね。それにすごく遅いのよ。順番待ち番号なんか、永遠に動かないように見えるわよね。

Yurika: Muchas veces, sobre todo a primera hora de la mañana, no hay nadie atendiendo.

朝一番の営業時間に行くと、誰も働いていないことが良くあるわよ。

María: Es mejor usar las máquinas expendedoras si solo necesitas comprar sellos.

切手を買うくらいの用事なら、できるだけ自動販売機で済ませたほうがいいわよね。

この一言で壁を超える

la oficina de Correos

郵便局

省略して「correo」と呼ぶことも多いです。スペインの郵便局は…とにかく仕事が遅い!ミスが多い!

スペインで郵便局に行くたびに日本に帰りたくなります。

Los números de cola

順番待ち番号

日本にもよくある「番号札」が、スペインの郵便局でも多くの場合利用されています。とはいえ、紙詰まりや機械の故障で機能していないこともしばしば…

そんな時は待っている群衆に向かって一言、「¿Quién es la última?(一番最後は誰ですか。)」と確認し、しっかりとその人の後に張り付きましょう。

つ・ぶ・や・き

日本ほどのサービスレベルは無理としても、せめて当たり前に業務をこなす局員は居ないのか!?

スペインの公務員の仕事のゆるさは世界的に定評(?)があります。その極北が「郵便局」!

朝一番に受付に並び、最初の窓口が開いたのが営業開始後1時間だった、ということもありました。

とはいえ、田舎の規模の小さい郵便局は、比較的スムーズに稼働していることも多いようです。

「人が多い」ということが、必ずしも仕事の潤滑にはつながらないのですね。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP