スペインの日常生活

スペインの年越し

 

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【スペインの大晦日】です。

大晦日の過ごし方はそれぞれの国に独特の文化があります。年越しそばも日本独特の風習ですね。

今回はスペインの典型的な年越しスタイルをご紹介します。日本との違いはあるでしょうか?

スペイン風、年越しの習慣

Juan : ¿Ya has comprado las uvas para recibir el año 2017?

2017年を迎えるために、ブドウを買ったかい?

Taro : ¿Uvas? ¿Por qué?

ブドウ?なぜ?

Juan : ¿No sabes? En España comemos las 12 uvas en Nochevieja.

知らないのかい?スペインでは、大晦日に12粒のブドウを食べるのさ。

Se dice que el ritual traerá la buena suerte para el año que empieza.

新年に幸運をもたらすと言われているんだよ。

年越しに食べるもの

12粒のブドウ

スペインでは、年越しの際に” doce uvas(12粒のブドウ)”を食べるのが習慣となっています。

uvas de la suerte(幸運のブドウ)”とも呼ばれており、その名の通り、食べると新年に幸運をもたらすと言われています。

「12粒のブドウなんて、たいしたことない」と思われる方も多いかと思いますが、実は、これが結構大変なんです。

食べ方の決まり

年越しの際にマドリードのプエルタ・デル・ソルにある時計台の鐘が12回鳴るのに合わせて(テレビ中継されています)、1粒ずつブドウを食べていくのですが、この鐘の速度が結構速いんです。

ブドウを飲み込めず口の中が種でいっぱい…なんてこともよくあります。そして、口がブドウでいっぱいのまま”¡Feliz año nuevo!(あけましておめでとう!)”と家族や友人と言い合う楽しい行事となっています。

スペインで年越しのチャンスがある方は、ぜひこちらの12粒のブドウにチャレンジしてみてくださいね!

最近は、大晦日用に皮や種が抜かれた12粒のブドウがパックされた缶詰もスーパーで売っているので、初挑戦の方におすすめです。

ディナーを食べたあと

スペインの大晦日のディナーは、家族と家で楽しむという家庭がスペインでは主流です。特に決まった料理はありませんが、ロブスターなど豪華な料理が食卓に並びます。

ディナーを食べ、0時のカウントダウンと共にブドウを食べたあとは、友人や恋人たちと外に繰り出す人が多くいます。

朝まで営業しているバルも多いので、その日は通りが遅くまでにぎわっています。

朝方まで外で過ごし、スペインの典型的な朝ごはん”churros con chocolate(チュロスとホットチョコレート)”を食べて、家に帰り眠るというケースもあります。

老若男女が外へ繰り出し、スペインでは活気ある新年の始まりが感じられます。

おわりに

いかがでしたか?スペインの年越しでした。是非、スペインで大晦日を迎えてみてください!日本とは違った慣習が多く、楽しめること間違いなしです。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP