スペイン語の口語表現①

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【口語表現】です。

教室や教科書ではあまり出てこない、スペイン語の口語表現をご紹介。生きたスペイン語で、よりネイティブに近づきましょう!

文脈で意味が変化する単語もあるので、気を付けてくださいね。

スペイン語の口語表現

chulo/a

「すてき」や「素晴らしい」といった意味でよく使われる形容詞また名詞です。

Juan : ¿Qué te parece esta corbata?

このネクタイ、どう思う?

Taro : ¡Qué chula! Te queda muy bien.

かっこいい!君によく似あっているよ。

この単語は、上の意味とは反対に、「生意気」や「気取った」という意味もあります。文脈によって意味が変わるので、使うときには注意しましょう。

人について言うときは、ネガティブな意味で使われることが多いです。

Jorge es una persona chula. Se comporta como si fuera el rey.

ホルヘは、横柄なやつだ。自分が王様であるかのように振る舞う。

guay

上の”chulo/a”と同様、「すてき」や「素晴らしい」という意味を持つ形容詞です。ただし、”guay”はネガティブな意味では使われません。

最近はあまり使われませんが”guay”の言葉遊びで”guay de Paraguay”という言葉があります。似ている音が重なって、おもしろい響きになっています。

¡Esta música es guay! ¿Sabes quién la canta?

この曲、いいね!誰が歌ってるか、知ってる?

rollo

「ロール」という意味の男性名詞ですが、口語では違う意味で使われることがあります。複数の意味がありますが、今回は2つの意味をご紹介したいと思います。

1つ目は、ネガティブな「つまらないもの、うんざりさせるもの」という意味です。

La peli fue un rollo. Me quedé dormida en la mitad.

つまらない映画だったよ。途中で寝ちゃった。

2つ目は、「雰囲気」という意味で、男性名詞”ambiente”と同義ですが、”rollo”は口語として使われます。

Esta cafetería tiene un buen rollo. Ya volveré.

いい雰囲気のカフェだね。また来よう。

chungo/a

「病気」や「難しい」、「悪い」などさまざまな意味をもつ形容詞です。主にネガティブな意味で使われます。

Japonés es una lengua muy interesante pero chunga para mí.

日本語はとても面白い言語だけれど、僕には難しい

おわりに

いかがでしたか?スペイン語の口語表現でした。スペイン人ネイティブの会話でよく使われる表現ばかりなので、練習してしっかり身に着けましょう!

関連記事

  1. 「de nada」スペイン語の意味

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「nada」を使った色々な表現」。…

  2. スペイン語の”動作の段階を表す動詞句”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動作の開始・持続・終結を表す動詞句…

  3. スペイン語の”インスタントラーメン用語”…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「語ろう、インスタントラーメン!」。…

  4. スペイン語の”曜日を使った慣用句”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「曜日の名前を使う慣用句いろいろ」。…

  5. スペイン語の”忘れた”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「“忘れた”の色々なパターン表現…

  6. ”saber/conocer”スペイン語の意味と違い

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「“saber”と“conocer”…

  7. 「mejor(よりよい)」スペイン語の意味

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「mejor」を使った色々な表現。…

  8. 驚きを表現する間投詞

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【驚きを表現する間投詞】です。間投詞は、…

PAGE TOP