スペイン語の意味・文法

再帰動詞

スペイン語の学習で必ず出会うことになる「再帰動詞」。使い方をご存知でしょうか?

再帰動詞は日本語にはないので、理解するのが難しいポイントです。

再帰代名詞の使い方

今回は、再帰動詞の使い方を学習します。

動詞を3種類に分けて考えてみましょう。

動作をする人・受ける人が同じ場合

Juan: Qué sueño…

すごく眠い…。

Taro : ¿A qué hora te levantaste?

何時に起きたの?

Juan: Me levanté temprano, a eso de las 6.

早く起きたんだよ。6時くらいに。

【ポイント】

まず、動詞”levantar”について考えてみましょう。

levantar”に直接目的語が続く場合、「(~が~を)起こす」という意味になります。

例えば、”Mi madre me levanta cada mañana.(私のお母さんは、毎朝私を起こす)”というように他動詞として使います。

一方”levantarse”という再帰動詞は、「(~が自分で)起きる」という意味になります。

主語と直接目的語は同一人物になるため、活用は現在時制で”me levanto, te levantas, se levanta…”と活用します。日本語の自動詞のように使います。

互いに~する

Juan: Entonces, nos vemos mañana.

じゃあ、また明日会おう。

Taro : Sí, ¡hasta mañana!

うん、また明日ね!

【ポイント】

主語が複数の場合、再帰動詞を用いて「互いに~する」という意味を表すことができます。

例えば、”Todos los días nos mandamos mensajes.(僕たちは毎日メッセージを(互いに)送りあっている)”や、”¿Os conocéis? (君たち(互いに)知り合いなの?)”というように使います。

再帰動詞のみの動詞

Juan: María parece un poco deprimida, ¿no?

マリア、少し落ち込んでるみたいじゃない?

Taro : Bueno, es que se arrepiente de haber dejado a su novio.

うーん、恋人を振ったのを後悔してるみたいだよ。

【ポイント】

動詞の中には常に再帰動詞で使われる動詞があり、例えば上で取り上げた”arrepentirse(後悔する)”がそうです。

ちなみに、この動詞には”de”がついて「(~を)後悔する」というように使うことができます。

他にも、”quejarse(文句を言う)”などの動詞がこれで、”Siempre se queja de su trabajo.((彼女/彼は)いつも仕事のことで不平を言っている) ”というように使います。

おわりに

いかがでしたか?

日本語にはない再帰動詞、理解するのは難しいですが、スペイン語ならではの表現でとても面白いですね。

¡Atrévete a estudiar!

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP