スペイン語の”mejor”で表現

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「mejor」を使った色々な表現。

映画観賞を終え、マリアは辛口ユリカと感想を述べ合っています。早速二人の会話を覗いてみましょう。

今までで一番の映画

María: Es la mejor película que jamás he visto. No he visto ninguna mejor.

今までに観た中で一番いい映画だったわ。これ以上いいものは観たことが無い。

Yurika: ¿Tú crees? Me gusta más otra del mismo director.

そう思うの?私は同じ監督の別の映画の方が好きだわ。

María: Pues a lo mejor la banda sonora de esta película no está muy bien.

そうね。もしかして、テーマソングはあんまり良くなかったかもね。

Yurika: Mejor dicho, está muy mal. No me gusta esa música tan aburrida.

むしろすごく悪かったわよ。あんなに退屈な曲は好きじゃないわ。

María: Je je je, qué severa. Pero tienes razón, era un poco aburrida.

ハハハ、辛口ね。でも確かに、あれはちょっと退屈だったわね。

Yurika: Bueno, pero me lo he pasado bien. Es mucho mejor que estar todo el día en casa.

まあね。でもとにかく楽しんだわ。一日中家にいるよりもずっといいわよね。

María: Claro. Estando en casa en el mejor de los casos acabamos viendo la tele.

そうよ。家に居たってせいぜいテレビを観て終わっちゃうもの。

Yurika: Antes de volver a casa, tomemos algo.

家に帰る前に何か飲みましょうよ。

ワンポイント

mejor

よりよい

英語の「better」にあたります。単独で使うと「よりよい~」という修飾に、定冠詞など限定詞をつけて使うと「一番よい~」という意味になります。

María: ¡Que rica está esta tortilla! Es la mejor tortilla que jamás he comido.

このトルティージャ、なんておいしいの!今までで一番美味しいわ。

Yurika: Es mejor que la que cociné la semana pasada.

先週つくったのよりも美味しいわね。

a lo mejor

もしかして、たぶん

推測をあらわす時に便利な決まり文句。同じ意味を「quizás」「tal vez」で表現することもできます。

María: A lo mejor ellos no vienen esta tarde. Depende del tiempo.

彼らは今日の午後は来ないかもしれない。お天気次第ね。

Yurika: Quizás llueva esta tarde. Qué pena.

もしかして午後は雨になりそうよ。残念ね。

Mejor dicho

むしろ

「むしろ~と言える」と言い換える表現。日本語の「…ていうか~だよね」というニュアンスです。

María: ¿Has visto a aquel chico? Qué manera de vestirse tan original…

あの男の子を見た?なんて個性的な服装なのかしら…

Yurika: Mejor dicho, qué manera de vestirse tan loca. ¿Porqué lleva jersey en agosto?

個性的っていうか、どうかしているわ。なんで8月なのにセーターを着ているの?

en el mejor de los casos

せいぜい

「せいぜい良くても~くらいだろう」という見積もりの表現に便利です。逆の「少なくとも~だろう」は「por lo menos」と言います。

María: Con tan pocos ingredientes, en el mejor de los casos podemos preparar solo un plato.

これっぽっちの食材じゃ、せいぜい一品しか作れないわね。

Yurika: Bueno. Pero por lo menos así podemos comer algo.

まあね。でも少なくとも、それで何か食べられるってことよ。

つ・ぶ・や・き

mejor」は英語の「better」。使い方のルールも英語に似ていますね。反対語の「peor(より悪い)」は、またの機会にご紹介します。

比較表現はズバリ、会話の情報量を広げるための必殺技!どんどん使って自分の物にしてしまいましょう。

関連記事

  1. “hueso”骨を使った表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「huesoを使った色々な表現」。…

  2. 著名人から学ぶ!スペイン語の格言①

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【格言】です。スペインの歴史に名を残…

  3. スペイン語の前置詞”por”と̶…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「前置詞porとparaの使い分け」…

  4. スペイン語の”感覚表現”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「五感、感覚の表現」。視力意外は…

  5. naturaleza・自然の表現いろいろ

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「naturaleza(自然)の表現…

  6. 著名人から学ぶ!スペイン語の格言②

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマも、引き続き【格言】です。スペインの著…

  7. スペイン語で見るニュース

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマも【ニュース】です。今日は、スペインのテレ…

  8. 不定人称文①

    ¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは「不定人称文」です。「不定人称文」と…

PAGE TOP