スペイン語の”lo”

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「loの使い方」。

マリアとユリカは、春を楽しんでいるようです。早速二人の会話を覗いてみましょう。

春の醍醐味

会話

María: Lo bueno de la primavera es esta temperatura tan agradable.

春の醍醐味は、この気持ちのいい気温よね。

Yurika: Sí, pasar el rato disfrutando de esta brisa templada es lo mejor.

そう。こうやって暖かいそよ風を楽しむのって、最高よね。

María: Algún día quiero ver los cerezos en flor. ¿Hay algún lugar en España donde se puedan ver?

いつか”Cerezo”の花を見てみたいな…スペインで見られる場所はあるかしら。

Yurika: No lo sé… el tema de plantas y árboles no lo conozco bien.

さあ…私は植物のことはあまり知らないのよ。

María: Por cierto, ¿cómo se dice cerezo en japonés?

ところで、日本語で”Cerezo”って何というの?

Yurika: Se dice “Sakura”. Creo que ahora ya están floreciendo, por lo menos en Tokio.

「桜」よ。少なくとも東京では、今頃もう咲いていると思うわ。

María: Ah, allí hay un gato. Míralo cómo goza del sol de primavera. Parece que está feliz.

あら、あそこに猫がいる。見てごらん、春を楽しんでいるわ。幸せそうね。

Yurika: Je je je, los gatos viven a lo grande siempre.

ハハハ、猫っていつでもいい生活をしているわよね。

ワンポイント

lo+形容詞/副詞/過去分詞

~なこと

lo」を使った「名詞化」は、簡単で便利です。文中の「lo bueno de~」は「~のいい点は」、つまり「~の醍醐味は」という表現ですね。

María: Lo malo de la primavera es que siempre tengo sueño.

春の悪いことは、いつも眠くなるってこと。

Yurika:Lo fuerte que sopla el viento también me molesta un poco.

風が強いってことも、私はちょっと困るわ。

代名詞 lo

それを、そのことを

最も良く耳にするのは「no lo se.(そのことを私は知らない。)」の決まり文句です。抽象的な事柄、前の文の内容を指すのに頻出します。

María: Estoy hambrienta, pero parece que tú no lo estás tanto.

私はすごく空腹だけど、あなたはそうでもなさそうね。

Yurika:No, pero tengo sed. Sentémonos un rato en el bar.

空腹ではないけれど、喉が渇いたわ。ちょっとバルに入りましょうよ。

lo de ~

~のこと、~の件

eso de ~」「aquello de ~」という言い方も出来ます。文を分かりやすく、すっきりとさせることが出来ます。

María: ¿Está preparado ya el viaje de primavera que planeabas con tu amiga?

あなたが友達と計画していた春の旅行は、もう準備できているの?

Yurika: Ah, lo de ir a Portugal se ha cancelado. Ella se va a Japón.

ああ、あのポルトガル旅行の件はダメになったわ。彼女が日本に行っちゃうのよ。

por lo menos

すくなくとも

決まり文句なので、このまま覚えてしまいましょう。反対の「せいぜい多くても」は「a lo más」です。いずれも「lo」が活躍していますね。

María: Tengo que ir a la compra por lo menos una vez esta semana.

少なくとも今週中に、一回は買い出しに行かなくちゃ。

Yurika: Pero ya no caben más cosas en la nevera. Sólo hay espacio para una botella de vino a lo más.

でも冷蔵庫にもう何も入らないわ。せいぜいワイン1本分しかスペースが無いわよ。

つ・ぶ・や・き

今回の「lo」は、日本語には訳しづらいスペイン語の一つ。とはいえ、会話にも頻出し、耳慣れればあっさりマスター出来ますよ。

一字一句日本語に訳すことにこだわらずに、大胆にスペイン語を感じましょう!

関連記事

  1. 不定代名詞と不定形容詞

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「不定代名詞と不定形容詞」。冷蔵…

  2. スペイン語の心の活動

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「心の活動を述べる文型」。心…

  3. スペイン語の”接続法現在”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「接続法現在をしっかりマスター」。…

  4. 受動態とスペイン語②

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!マリアのオフィスは、築60年のビルの中…雨漏り…

  5. スペイン語の”tener”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「不規則動詞tenerをきわめる」。…

  6. スペイン語の”接続法過去・完了”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「接続法過去・完了をしっかりマスター…

  7. 悪天候の単語

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「悪天候のボキャブラリー」を増や…

  8. ojo/目を使った色々な表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「ojo(目)を使った色々な表現」。…

PAGE TOP