独学で、スペイン語を学ぶ人へ、役立つスペイン語を提供するニュースサイト

スペイン語の単人称表現

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「単人称表現」。

マドリッドも秋深し。朝晩の冷え込みは、冬の予感です…早速二人の会話を覗いてみましょう。

夏から秋の移り変わり

María: Últimamente hace bastante fresco. Hace mucho que no me sentía tan cómoda para dormir.

この頃ずいぶん涼しいわね。こんなに快適に寝られるのは、ずいぶん久しぶりだわ。

Yurika: Es verdad. Este verano ha hecho demasiado calor. Disfrutemos del otoño.

そうよね。この夏は暑すぎたわよ。秋を楽しまなくちゃ。

María: ¿Crees que todavía es temprano para sacar la manta?

毛布を出すのは、まだ早いと思う?

Yurika: Creo que no. Vamos a sacarla hoy antes de que se haga más oscuro.

そんなこと無いと思うわ。もっと寒くなってしまう前に、出しましょう。

María: Ya está anocheciendo, aunque en agosto todavía es de día a esta hora.

もう日が暮れて来たのね。8月ならこの時間はまだ昼間なのに。

Yurika: Ya cada día va a ser más corto, ¿verdad?

もう日ごとに、だんだん暗くなっていくんでしょう?

María: Claro, hasta finales de diciembre cada día será más corto.

そうよ。12月の終わりまでは、毎日どんどん日が短くなるのよ。

Yurika: En el verano los niños juegan hasta muy tarde por la calle.

夏は随分遅くまで、子供たちが道で遊んでいたものよね。

★ワンポイント★

hacerを使った天候表現

hacer」の3人称単数形に「暑い」「寒い」「いい天気」…などの天候表現をつけます。

hace viento(風が吹く)」「hace sol(日が照っている)」も、同じ仕組みです。

María: Según las noticias, este invierno hace poco frío.

気象情報によれば、今年の冬はあまり寒くないそうよ。

Yurika: Es por el calentamiento global.

地球温暖化のせいよね。

hacerを使わない天候表現

llover(雨が降る)」「nevar(雪が降る)」などの動詞で表す天候は、「hacer」を使わずに、動詞そのものを3人称単数形にします。

María: En la época de lluvias llueve mucho en Japón, ¿verdad?

梅雨の季節って、日本はたくさん雨が降るんでしょう?

Yurika: Exacto. En verano a veces llueve mucho porque hay tifones.

その通り。夏は台風もあって、時々たくさん雨が降るのよ。

hacerを使った時間表現

hacer ~」で「(時間が)~前から」という表現は、お馴染みですね。

具体的な時間数値だけでなく、「hace mucho(ずいぶん前から)」という使い方をします。

María: ¿Hace cuántos años que empezaste a estudiar español?

何年くらい前からスペイン語を勉強しているの?

Yurika: Hace muchísimos. Ya no me acuerdo.

ずいぶん長いことやっているわよ。もう覚えていないわ。

hacerを使わない時間表現

「時間が早い」「時間が遅い」といった表現は、「ser」の3人称単数を使います。「es temprano(早い)」「es tarde(遅い)」などですね。

María: Ya es tarde, tenemos que volver a casa.

もう遅いわ。家に帰らなくちゃ。

Yurika: Cuando estamos en el centro comercial pasándolo bien el tiempo pasa volando.

ショッピングセンターで楽しく過ごしていると、あっという間に時間が経つわね。

★つ・ぶ・や・き★

「単人称表現」、ちょっと聞きなれない言葉ですが…天気や自然現象を表す時に、スペイン語は動詞の3人称単数形を使います。

英語のような形式上の主語「it」ではない、これが「単人称表現」です。現象を捉える“感覚”の違いも、外国語を学ぶ際に味わいたいですね。

関連記事