スペイン語の”接続法現在”

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「接続法現在をしっかりマスター」。

マリアとユリカは動物園にやってきました。記念写真をパシャリ!早速二人の会話を覗いてみましょう。

動物園で

会話

María: Es la primera vez que vienes a un parque zoológico en España, ¿verdad?

スペインの動物園に来るのは初めてなんでしょう?

Yurika: Sí, ¡qué interesante! ¿Aquí se puede sacar fotos?

そうなの。面白いわ!ここでは写真をとっていいのかしら?

María: Claro. En la entrada dice que los que tengan cámara pueden sacar fotos.

もちろんよ。入口に「カメラをお持ちの方は撮影してもかまいません」て書いてあったわ。

Yurika: Entonces hagámonos una juntas. Quiero que te pongas aquí. Voy a pedirle a alguien que nos saque la foto…

じゃあ、一緒に撮りましょう。ここに立ってよ。誰かにシャッターを押すのを頼むから…

María: No me saques fotos, por favor. Hoy no me he maquillado, estoy fea…

私を撮るのはやめてよ、お願い。今日は化粧していなくて、かわいくないから…

Yurika: No te preocupes, tú siempre estás guapa.

心配しないでよ。あなたはいつだってきれいよ。

María: Espero que sea verdad…

そうだといいけれどね…

Yurika: Que sí. Ahora, ¡di patata! Espero que salgamos guapísimas.

そうだってば。はい、チーズ!綺麗に撮れているといいわね。

ワンポイント

接続法現在の使用:否定命令

「~しないでください」と言いたい時は「No +接続法の現在型」が基本です。さらに「por favor」も付ければ、相手に配慮した否定命令ができます。

María: Por favor, no abras la puerta de la cocina. 

お願い、台所のドアを開けないで!

Yurika: ¿Qué estás cocinando? Te gusta preparar platos en secreto.

何を料理しているの?あなたは秘密で料理を用意するのがすきね。

接続法現在の使用:推測でものを言う時

「実際にその状況があるか分からないが、もしあれば」という前提で話す時、直接法ではなく接続法を使います。

María: ¿Sabes? Ese restaurante permite que la gente venga con su perro.

知ってる?そのレストランは、犬を連れて入ってもいいのよ。

Yurika: Es una idea muy moderna. ¿Los que tengan gato también pueden ir?

斬新なアイデアの店ね。猫を連れている人でもいいのかしら?

接続法現在の使用:従属文の中で

「実現していない出来事」について従属文の中で言う時は接続法の現在型を使います。

「~するように(しないように)…しておこう」と言う表現は頻出です。

María: Voy al supermercado. ¿Hay algo que quieras que te traiga?

スーパーに行くわよ。何か買ってきて欲しいものはある?

Yurika: Muchas cosas. Apúntalo para que no se te olvide.

たくさんあるわよ。忘れないようにメモしてね。

接続法現在の使用:独立分の中で

「~ならいいなあ」「~になりますように」といった願望表現は接続法の現在型を使います。決まり文句もたくさんありますね。

María: Ojalá que me toque la lotería de Navidad… cada año digo lo mismo. 

今年のクリスマスの宝くじが当たるといいな…毎年同じことを言っているわね。

Yurika: Que tengas mucha suerte… yo también digo lo mismo cada año, ja ja ja.

幸運を祈ってるわ…私も毎年同じことを言うのよね。ハハハ。

つ・ぶ・や・き

「接続法(modo subjuntivo)現在」のおさらいでした。接続法の難しさの一つは、「現在型が必ずしもリアルな今のことではない」ということ。

また、Si tuviera tiempo ahora, iría al cine.(今時間があれば映画に行くのに)など…過去形でも現在の話題を伝えることもあるのが接続法なのです。

関連記事

  1. 不定代名詞と不定形容詞

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「不定代名詞と不定形容詞」。冷蔵…

  2. スペイン語の”~させる”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「“~させる”の表現いろいろ」。…

  3. スペイン語の単人称表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「単人称表現」。マドリッドも秋深…

  4. 悪天候の単語

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「悪天候のボキャブラリー」を増や…

  5. スペイン語の”仮定文”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「仮定・条件を表現する」。春が近…

  6. スペイン語の”受動態”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「スペイン語の“れる・られる”」。…

  7. 形容詞の位置による意味の違い

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「名詞の“前か後か”で意味が変わる形…

  8. 命令・依頼の表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「命令・依頼の表現」。夏真っ盛り…

PAGE TOP